サービス終了のお知らせ
発生学
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
発生学(はっせいがく、Embryology)は、の発生を研究する学問である。胚とは、動物では誕生孵化の前、植物では発芽の段階にある全ての組織と定義できる。
発生学では主に、受精卵の発生と組織や器官への分化を扱っている。分割が起こると、桑実胚から端に極のある胞胚となる。
左右相称動物では、胞胚の発達の仕方には大きく2通りあり、これによって動物界が二分されている。胞胚の最初にできた極が口になるのが旧口動物であり、肛門になるのが新口動物である。旧口動物には、昆虫などの多くの無脊椎動物が含まれ、新口動物には脊椎動物などの進化した動物の多くが含まれる。また、この過程を原腸形成という。
原腸形成が起こるとすぐに細胞は3つの層に分かれ、全ての器官や組織はここから作られる。
ヒトでは、「胚」という言葉は、受精卵子宮に着床した時から、妊娠後8週目頃までを指し、妊娠8週目を過ぎると胎児と呼ばれるようになる。多くの種で、初期の胚は良く似ている。これは、多くの種が同じ進化の歴史を経てきているからであると説明される。これは相同性と呼ばれる。
目次
1.歴史
2.脊椎動物と無脊椎動物
3.近代の発生学の研究
4.脚注
5.関連項目
6.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/08/20 16:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant