畠山義就
現金|がん保険|おひつじ座
ギフト選びなら楽天市場へ
結婚祝い・出産祝い・内祝い…贈るシーン別に探せる♪
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
1.生涯
1.4.河内争奪戦
実際の支配状況はともかく、名目上の河内守護と畠山氏当主は依然として政長のままであり、河内を実質領国化している義就に対して幕府は度々追討令を発したが効果は無く、河内と大和は義就が実効支配したままであった。
文明9年からしばらくは平穏であったが、文明14年(1482年)3月に幕府の命を受けた細川政元と政長連合軍が義就追討に出陣した。義就は7月16日に政元単独と和睦、政元は河内十七箇所と摂津欠郡(東成郡西成郡住吉郡)の交換を条件に自軍を撤退させたが、政長は河内に留まり義就との抗争を継続した。義就は河内から山城国南部に侵入、翌文明15年(1483年)に南山城を掌握し、河内の政長方を掃討して河内の実効支配を確立した(犬田城の戦い)。ただし、主戦場となった山城では義就・政長の争いも膠着状態となって以降、業を煮やした国人衆により文明17年(1485年)に国人一揆が起こり(山城国一揆)、畠山両軍は撤退を要求されたため義就軍は河内に引き上げた。以後も義就に対して幕府から追討令が出されたが、実行されないまま終わった。
延徳2年12月12日(1491年1月21日)、義就死去。享年54。
義就は一時隠居を命じられた際に、短期間であるが猶子の政国に家督を譲ったこともあったが、長男の修羅が生まれると政国を廃嫡して実家に帰し、修羅を後継とした。しかし修羅は義就より先に、文明15年に亡くなった。
義就の死後、孫にあたる修羅の子と次男の基家(義豊)が後継を争ったとされる[7]、義就の家督と河内・大和の支配は基家が継承した。
政長も河内・大和・山城を失ったものの、残る紀伊と越中国を根拠として対抗、両者は以降も畠山氏当主の座を巡って争った[8]
血液型占い|モテ期|フレッツ光
結婚|スピリチュアル|相性占い
お得!送料無料企画
送料無料アイテムが7800万点以上
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(1.3.挽回)
[6]次ページ
(2.偏諱を与えた人物)

7. これは噂に過ぎない、とする説もある。
8. 大阪府、P281 - P291、大乗院寺社雑事記、P144 - P151、福島、P23 - P34。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/12/02 20:00
相性診断|看護助手|懸賞
しし座|心理テスト|運命の人
ソ人気記事ランキング
2017/12/12 更新
 1位パンパン
 2位野村沙知代
 3位富岡八幡宮
 4位団野村
 5位野村克也
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant