白木屋 (デパート)
▼人気記事ランキング
7.過去に存在した店舗
7.3.関係者が出資して当社方式で運営されたもの
京濱デパート 京浜百貨店
京浜電気鉄道品川駅の地階と地上1階の計約1,000坪の品川店を開設したのが皮切りに、1934年(昭和9年)9月に蒲田分店、1935年(昭和10年)3月に鶴見分店、同年5月5日に川崎分店を開店するなど母体企業である京浜電気鉄道の沿線での多店化を推し進めた[14]
1933年6月 京浜電気鉄道と合弁会社設立。1948年京浜急行電鉄に売却。現・京急ストア。 菊屋デパート
1940年(昭和15年)3月15日に武蔵野鉄道に営業譲渡して武蔵野デパートとなり[44]、1945年(昭和20年)春に戦災で全焼し[44]、戦後の1949年4月27日に西武百貨店へ商号を変更して同年末に営業を再開している[46]京阪デパート(天満橋駅、天神橋駅)
同年12月1日に天神橋駅に京阪電気鉄道の直営で営業していた天六京阪マーケットとそれに付随する天六の京阪食堂や千里山枚方、天満などに展開していたデポーと呼ばれる出先の店舗の資産と営業の全ての譲渡を受けて京阪デパート天六支店としての営業などを開始し[47]、1933年(昭和8年)9月23日に鉄筋コンクリート造地上3階地下1階建ての店舗が完成して京阪デパート天満店として開業した[8]
第2次世界大戦終戦直後の1945年(昭和20年)8月28日に会社解散となり[8]、天満店などの店舗の建物は京阪電気鉄道が戦時統合で阪神急行電鉄と合併して1943年10月に設立された母体企業の京阪神急行電鉄に買収された。天満橋店の営業も京阪神急行電鉄に譲渡されて同社が当時直営していた阪急百貨店の一部となり、阪急天満橋マーケットとして1946年(昭和21年)に営業を開始した[48]1947年(昭和22年)4月1日に京阪神急行電鉄の百貨店部門が「株式会社阪急百貨店」として独立した[49]ことに伴い、阪急百貨店天満橋支店となった[48]
1966年(昭和41年)ビル建て替え、現・京阪シティモール
[4]前ページ
(7.2.小型店(分店・出張店))
[6]次ページ
(8.関連項目)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/10 09:00
ソ人気記事ランキング
2019/11/20 更新
 1位日本
 2位沢尻エリカ
 3位元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件
 4位小川博
 5位メチレンジオキシメタンフェタミン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant