白ワイン
▼人気記事ランキング
2.地理的分布
2.1.製造

気候帯[編集]


多くのワイン生産国で白ワインが生産されているが、、白ブドウは搾汁時にタンニンを抽出しないため、タンニンの成熟度は問題にならず、赤ブドウより熟すのに必要な熱量が少なくて済む。加えて、味のバランスは、酸味に起因する顕著な爽やかさに基づいている。辛口白ワインの生産のためのブドウは完全に熟す直前に収穫される。このような条件で作られるため、辛口の白ワインはより北部または山岳地帯のブドウ園でも生産が可能である。

ヨーロッパでは、スイスのブドウ畑(生産面積の50%以上が白ブドウ)、ルクセンブルグのブドウ園(生産地域の93%が白[41])、ドイツのブドウ園(2006年の生産面積の63.1%[42])で白ワイン生産が主である。フランスでは、ほとんどの白ワイン が北側半分の地域(アルザスジュラ、シャンパーニュ、ロワール渓谷)で生産されている。スペインでは対照的に、カスティーリャ・ラ・マンチャはスペインのブドウ園の50%を占めるが、この熱く広大な地域では主に白ワインが生産されている。カタルーニャ地方では多くの白ブドウが生産され、カバと呼ばれるスパークリングワインに形を変える。カバの生産面積は、カタルーニャ地方の総生産面積65,600ha[43]のうち45,000ha[44]を占める。

アメリカ大陸では白ワインと赤ワインの両方が発展しており、そのうちいくつかは現在世界中で認められている。カナダはワイン生産には明らかに不利な気候であるが、アイスワインついては優れたものが生み出される。カナダは世界最大のアイスワイン生産国である[45]

暖かい南部地域でも白ワインは生産されるが、生産割合は少ない。また、地中海周辺で作られるミュスカマデイラマルサラなどのように、ヴァン・ド・リキュールやヴァン・ドゥー・ナチュレル[46]のような酒精強化ワイン(英:fortified wine, 仏:vin mut?)[47]が一般的である。

地質帯[編集]


農学者のクロード&リディア・ブルギニヨン夫妻[48]によると、赤ワインは石灰岩を基盤とした土壌によく適しているのに対し、白ワインは変成岩(アルザス、モーゼルアンジュー)や火山岩(ハンガリーとスロバキアのトカイ)の土壌で最も高品質なものが生み出される。

また、白ワインは、シャンパーニュのワイン生産地域の白亜や、シャサーニュ・モンラッシェ珪藻土の表土の下に石灰岩が存在する土壌のような、石灰質土壌を持つ土地でも生産され[49]、これらは世界で最も名高いワインに数えられる。

[4]前ページ
(1.5.日本の歴史)
[6]次ページ
(2.2.消費)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/05 05:30
ソ人気記事ランキング
2019/11/14 更新
 1位日本
 2位リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
 3位IT (映画)
 4位伊藤綾子
 5位正木裕美
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant