白ワイン
▼人気記事ランキング
6.ワインの試飲 (テイスティング)
6.2.香り (アロマ)
白ワインの香りの中には、ワインの香りの要素のうちのほぼすべてが含まれる。

果実の香りには、レモングレープフルーツなどの柑橘類の果物、リンゴマルメロモモアプリコットなどの白い果実、クルミヘーゼルナッツなどのナッツの香りが含まれる。パイナップルマンゴーライチのようなエキゾチックな果物もある。さらに、アロマパレットと呼ばれるワインの香りの一覧には、コンポートジャム、果物の砂糖漬けなどの調理した果実の香りも含まれている。また、白ワインは、アカシアスイカズラバーベナスミレなどの花の香りで表現されることもあるし、その花の蜂蜜の香りがするといわれることもある。

熟成はまた、ワインに別の風味をもたらす。樽熟成は、バニラバターブリオッシュトーストカラメルなどの香りを作り出す。ヴァン・ジョーヌシェリーのような長期熟成するワインでは、典型的に生のクルミやアーモンド、ヘーゼルナッツの香りが感じられる[110][111]

土壌によっても、栽培地域に特有な香りが生まれることがある。すなわち、シャルドネ[112]やソーヴィニヨン・ブラン[113]では燧石(フリントや発火石の匂い)のようなミネラルのアロマがあると言われ、熟成したアルザスのリースリングは典型的に石油のアロマと表現される[114]

赤ワインにしかないと思われているような香りも、白ワインで感じられることがある。これは、特に黒ブドウから作ったシャンパンの一部で見られ、イチゴラズベリー[115]ブルーベリー[116]グースベリー[115]といった赤い果物[117][118]香りを連想させる。

[4]前ページ
(6.1.色調)
[6]次ページ
(6.3.味)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/05 05:30
ソ人気記事ランキング
2019/11/21 更新
 1位日本
 2位元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件
 3位小川博
 4位沢尻エリカ
 5位メチレンジオキシメタンフェタミン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant