白ワイン
▼人気記事ランキング
3.ブドウ品種
3.2.日本の白ワイン用ブドウ品種
日本では、日本固有種も含め、いくつかの品種で白ワインの生産が行われている。:

甲州 : ヨーロッパブドウに属するがいつ日本に伝わったかは分かっていない。山梨県固有品種で、95%以上を山梨県で生産する[16]。灰色系ブドウで藤色〜エビ茶色の皮を持つ。元々は生食用であったが、日本のワイン醸造の発展とともに醸造用に使われるようになった。ややピンクの液色で、酸味と香りは突出した個性がない。
ナイアガラ  : アメリカ原産のブドウ品種。1893年 (明治26年)に日本に伝わった。生食用が多く、長野県、北海道、山形県などで生産されている[16]。フォクシー・フレーバーが強い[38]。粒は小さく、果汁が豊富で風味がよい[39]
デラウエア : アメリカ原産のブドウ品種。1872年 (明治5年)に日本に伝わった。主に山形県、山梨県で生産されている[16]。粒は小さく、香りは控えめだが、果汁が豊富で糖度が高いため[39]、甘口で若いうちに飲むワインに適している[38]
[4]前ページ
(3.1.世界の白ワイン用ブドウ品種)
[6]次ページ
(4.1.梗)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/17 21:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/19 更新
 1位日本
 2位2000年
 3位軽井沢スキーバス転落事故
 4位賭博黙示録カイジ
 5位平清香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant