サービス終了のお知らせ
土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律
▼人気記事ランキング
7.土砂災害警戒情報
土砂災害警戒情報は、これまでの降雨の経過とおおむね2時間後までの予想雨量から、地域ごとの危険度を考慮の上、大雨警報発表中に土砂災害の危険性が高まった場合、気象台と都道府県が共同で発表している情報[6][5]。国土交通省のガイドライン(2015年)では「土砂災害警戒情報が発表されれば、土砂災害警戒区域等の住民は避難行動をとるべき」としている[6]。これは2014年の改正後、土砂災害警戒情報を本法律の下で「避難勧告等の判断に資する情報」として位置付け、市町村長および住民に周知することを義務付けたことによる[5]

ガイドラインで市町村は、複数の手段で土砂災害警戒情報や避難勧告等を住民に周知(受動的な情報提供)するべきとされる。また受動的な手段は情報量が限られるため、住民自ら収集できる形式のより詳細な情報提供(能動的な情報提供)を併用すべきとされている[6]。前者の手段は、テレビ・ラジオ放送(ケーブルテレビコミュニティFMを含む)、市町村防災行政無線(屋外スピーカー)、市町村や消防団の広報車、消防団や警察、自主防災組織、地域の住民らによる直接の声かけなど。後者の手段は、電話やFAX、防災行政無線の個別受信機、通信各社による携帯電話の緊急速報メールエリアメール、市町村による登録制メール(防災メール)、TwitterなどのSNSなど[6]

[4]前ページ
(6.緊急調査)
[6]次ページ
(8.1.成立まで)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/11 12:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/29 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位2月28日
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant