都道府県道
▼人気記事ランキング
5.複数の都府県にわたる路線の整理番号
かつて都道府県道の路線番号案内標識が存在しなかった時代に、複数の都府県にわたる路線では各都府県で整理番号が異なることが多かった[11]。しかし、標識で番号を表示するようになると案内上の不都合が生じてきたため、このような路線ではできるだけ同一の整理番号になるように都府県間で調整するよう建設省(現: 国土交通省)が1995年(平成7年)頃に通達をだし、現在では境界を跨ぐ都府県道のほとんどで同一の番号を使用するように整理番号の変更がなされた[11]東海地方中国地方四国地方九州地方では1970年代前半に路線番号の統一が行われた(鳥取県道は比較的遅く1984年施行)が、東日本近畿地方では1994年まで大半の都府県道の整理番号がまちまちの状態であった。ただし今も、山梨神奈川静岡県を跨ぐ県道山中湖小山線のように、同一路線であっても県によっては整理番号が変更されず、他の都府県間と番号統一されていない県道もいくつか存在する[11]

ウィキペディア日本語版では、記事名を東京都道5号新宿青梅線東京都道・神奈川県道3号世田谷町田線(起点が左)、栃木県道・群馬県道・埼玉県道・茨城県道9号佐野古河線(起点が左)、東京都道20号・神奈川県道525号府中相模原線のようにしている。

[4]前ページ
(4.都道府県道の標識)
[6]次ページ
(6.1.3か所以上の都府県にわたる都道府県道)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/20 12:00
ソ人気記事ランキング
2019/11/15 更新
 1位日本
 2位伊藤綾子
 3位リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
 4位二宮和也
 5位11月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant