サービス終了のお知らせ
都心
▼人気記事ランキング
2.関東大都市圏
2.1.東京における都心

主な範囲[編集]


都心という概念は明治時代江戸から東京に改められ定められた区制、市制などの大都市制度に基づいており1878年郡区町村編制法が制定され、宮城(皇居)周辺の都心部に、麹町区神田区日本橋区など15区が定められた。1889年(明治22年)には、この都心15区に市制が施行され、東京市となる。1932年、周辺82町村が編入され、既存の都心15区に加えて、郊外20区が定められ、35区となり、1958年までは、千代田区中央区港区新宿区文京区台東区を『都心6区』と呼んだ。現在は「東京都心」に対する明確で統一的な定義はなされていない。東京都や省庁では千代田区、中央区、港区を 『都心3区[2][3]と呼ぶことが多い。一般には新宿区渋谷区を含めて『都心5区』などと呼ぶ[4][† 2]ケースも少なくないが、「東京都長期計画」(1982年)ではそれらは副都心と定められた[5]

[4]前ページ
(2.関東大都市圏)
[6]次ページ
(2.2.東京の副都心)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/14 04:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant