渡瀬恒彦
おひつじ座|心理テスト|ワンピース
勝った翌日ポイントアップ!
楽天イーグルス&ヴィッセル神戸応援企画
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
1.来歴
1.1.生誕からデビューまで(1944〜1969年)
幼少期はガキ大将[2]だった。同じ小学校に通った同級生は「恒ちゃんは、ガキ大将で、けんかがものすごく強かった。友だちをいじめた相手に『何やってるんや』と向かっていき、兄貴肌で慕われていた」と懐かしんだ[3]。生誕した島根県から兵庫県津名郡淡路町に移り、三田学園中学校・高等学校卒業(6年間の寮生活)。高校時代は水泳部に所属(柔道にも励んでいたという説もある[2])、当時から同世代の女子に人気があり運動会には渡瀬目当ての女子学生が押しかけてきて大変だったという[4]。同級生の兵庫県議・野間洋志によると「常に夏目漱石などを読んでいた。難しい「乾坤一擲」などの言い回しや熟語を使い、国語の成績は270人中常に5番以内[5]」。また恩師によれば、当時から頭の回転が早くリーダーシップがあった[4]。また俳優かけだしの頃、三田学園の寮を何度か訪れ淡路の海を「昔はヤスで魚やサザエを取った」と懐かしんでいたという[6]。渡瀬曰く高校在学中は新聞記者に憧れていた[7]
三田学園高等学校卒業後、1浪の末早稲田慶応中央に合格。尾崎士郎人生劇場」にも影響され[5]新聞記者になるためには早稲田大学がいいだろうという判断で、法学部に入学[7]。当時青山学院大学に通っていた兄・渡哲也との共同生活が始まる[5]。空手部に所属し、二段の腕前だった[8]。また空手と同時にボクシングをやっていた[2]という説もある。
しかし、渡瀬曰く「いい加減な学生」[7]で、当時は学生運動全盛期で授業もなければ卒論もない。新聞記者になりたい夢はいつしか消え[7]、作詞家になりたいと詩をたくさん書いていた時期もあった[5]が、大学在学中はやりたいことも見つからないまま、仲間たちと「いつも何かねぇのかな」と語り合っていたという。だからこそ実社会に出たらハードな職種で、なおかつ時代の先端を行く仕事に着きたいと考えた結果、卒業見込み[9]電通PRセンターに就職した。しかし、研修期間1ヶ月で同社を辞め、先輩が作った「ジャパーク」という広告代理店に移る。仕事は営業、渡瀬自身も会社員時代当時もよく働いていたと自負している。ジャパークで働いていた時、兄・渡哲也の知り合いが不動産屋を始めて急成長。宣伝スタッフがいないというので休日になると手伝いに行っていた。そこでたまたま東映の社員が居合わせ、「俳優にならないか?」と声をかけられる。最初は躊躇するものの、ジャパークの社長に相談すると、「絶対マイナスにならないから」と当時東映企画製作本部長だった岡田茂に会うことを薦められる。実際会いに行ったら岡田の人柄にすっかり魅了され、こういう人がいる世界なら一緒に仕事をしたいと即決で決まった[7]渡が芸名で活動しているのに対し、本名で活動し始めたのは、高倉健を意識した東映に「大倉純」という芸名を付けられそうになったが気に入らず、それなら本名の方が良いと申し出たことに由来している。
おうし座|運命の赤い糸|四柱推命
相性占い|姓名判断|恋愛占い
お得!送料無料企画
送料無料アイテムが7800万点以上
http://m.rakuten.co.jp/
[6]次ページ
(1.2.デビュー(1969〜1977年))

2. “【評伝】渡瀬恒彦さん「スターに学問はいらない 映画は肉体労働だ」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年3月17日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170317-OHT1T50027.html 2017年4月14日閲覧。 
3. “渡瀬さん地域の誇り 28日「時代屋の女房」追悼上映”. 読売新聞 (読売新聞社). (2017年5月26日). http://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/news/20170525-OYTNT50259.html?from=tw 2017年6月2日閲覧。 
4. “渡瀬恒彦さん死去母校からも惜しむ声 三田学園同級生ら悼む 女子学生が押しかけ/人の上に立つ資質 /兵庫”. 毎日新聞(兵庫版) (毎日新聞). (2017年3月17日). http://mainichi.jp/articles/20170317/ddl/k28/200/456000c 2017年3月31日閲覧。 
5. “渡瀬恒彦、大原麗子からベッドインを拒否されていた 三枚目な私生活”. 週刊新潮 (新潮社). (2017年3月31日). http://www.dailyshincho.jp/article/2017/03310800/?all=1 2017年3月17日閲覧。 
6. “渡瀬恒彦さん訃報 兵庫からも惜しむ声”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2017年3月16日). オリジナルの2017年4月1日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/KVgoJ 2017年4月1日閲覧。 
7. 「変幻自在役者インタビュー渡瀬恒彦」、『Big tomorrow』2009年10月号、青春出版社、 52頁、 雑誌17621-10。
8. “渡瀬さん“芸能界最強伝説” 早大空手部出身「元格闘家をKO」”. ディリースポーツ (神戸新聞社). (2017年3月17日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/17/0010006371.shtml 2017年3月31日閲覧。 
9. “「徹子の部屋辞典 2002年5月9日渡瀬恒彦” (2002-). 2017年4月7日閲覧。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/07/23 19:30
内職|セルライト|婚活
無料占い|てんびん座|がん保険
ソ人気記事ランキング
2017/07/25 更新
 1位小原裕貴 (元タレント)
 2位平尾昌晃
 3位オーロラ銃乱射事件
 4位黒革の手帖
 5位ぼくらの勇気 未満都市
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant