渡瀬恒彦
セルライト|おうし座|縁結び
毎日更新!楽天ランキング
最新売れ筋商品が一目瞭然!
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
2.人物
2.2.仕事に対する姿勢
デビュー直後に語った「スターに学問はいらない。映画は肉体労働だ」という哲学を貫き、俳優としての地位を築いた。劇団で修行したわけでないからと演技論を展開させることもなかった。事あるごとに「僕は脱サラ俳優だから」と口にしていた[2]という。
渡瀬と共演経験がある荒木一郎によれば「渡瀬は本気でやるだけだからね。芝居っていうことより。土の中に埋まるなら、ほんとに土の中に埋まるし、酒飲んで吐くシーンなら自分でほんとに一所懸命飲んでゲーゲー吐く。芝居っていうことよりもそれをいかにほんとにやるか、みたいな奴[77]」と証言している[84]
『タクシードライバーの推理日誌』、『警視庁捜査一課9係』等でプロデューサーとして渡瀬と仕事をしたテレビ朝日松本基弘は「最初の印象は怖かった。でも、それは仕事に対して真摯な姿勢で挑む理不尽な指示に対してとかスタッフに緊張感が無くなっているときに怒るというものだった。とにかく仕事が好きな方でした。僕も様々な企画を持ち込んで、たくさんご一緒させて頂いた。もちろん何でもいいわけではなくて、ご自身がしっかり内容を吟味して決められるので、こちらもしっかりとした企画を持っていきます。脚本に対するアイディアも的確ですし、そういった意味ではプロデューサー的な視点を持っている人でした。本当にテレビ朝日にとっても、自分にとっても宝物のような存在だったんです[32]
2015年出版された「東映スピード・アクション浪漫アルバム」[85]で、1970年代の自分について杉作J太郎と対談という形式でインタビューに応えている。杉作は2002年と2004年、十津川警部シリーズで渡瀬と共演している(シーンは一緒ではなかった)。その際、数々の噂を知っていた杉作は気後れして当時話しかけられなかったが、実際インタビューで会うと「迫力のある方だったがやる気のない兄貴」という感じで例えると安田猛パームボールみたいに抜けた感じの渡瀬も随分見たとのこと[86]
スター然した扱いを苦手とした。プロデューサーが煙草に火をつけようとすると、自分でつけるからいいと断った場面を元付き人が目撃している[87]。また現場にたまにしか顔を出さないプロデューサーを非常に嫌ったという[87]
渡瀬自身は「こういうイメージで俳優をやっていこう」という固定観念はなかった[26]
2014年当時のインタビューでは「この人をこういう役で使ったら面白い」と考える専門家(プロデューサー)がいるから自分ではあまり考えません。でも、昔似たような役柄をやっていたから安全パイでキャスティングされることが昨今は多いため、自分の中で固まりかけているイメージを、別の角度から突っついて乗らせてくれるプロデューサーはいいですね[26]と話していた。
ベテランのスタッフや共演者には「恒さん」と親しまれ、何度も出演したテレビ朝日系『徹子の部屋』のように慣れた相手には「意外なエピソード」も明かしたが、通常の取材では「小難しい質問」になると顔をこわばらせてしまうところがあった[88]
非常に勉強熱心として知られていた。現場にipadを持ち込み、わからないことがあるとその場で調べていた[89]
作品毎、最初の仕事は現場のスタッフの名前を覚えることだった。「ADさん!」というより「○○さん!」と呼ばれた方が気持ち良いだろうし、良い仕事してくれるだろうという信念を貫いた。渡瀬は東映の現場に50年弱いたが、昔は下積みやっている人間がどんどん偉くなっていくのを目の当たりにしたことが起因している[26]という。
台詞の覚え方について「30歳ぐらいまでは台本台詞として覚えていた。しかし、2009年現在ではドラマのストーリーを読んで、2回目は演じる役になりきって読んで、3回目は衣装さんやメイクさんなどスタッフがどう動くか想像しながら読んでます。そうして何回か読むと、いつの間にか台詞を覚えてしまうんですよ」[90]とのこと。
「(デビューして)何年経っても、撮影の前夜というのは心地良いものではないですよ..」ドラマでも映画でも撮影初日の前夜は期待や不安で眠れない日があった[90]という。
「演じたい役は?」と問われると渡瀬は必ず「老人と海」の漁師役と答えていた[2]という。
がん保険|看護助手|さそり座
手相|ふたご座|懸賞
ギフト選びなら楽天市場へ
結婚祝い・出産祝い・内祝い…贈るシーン別に探せる♪
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(2.1.人柄)
[6]次ページ
(2.3.兄・渡哲也)

2. “【評伝】渡瀬恒彦さん「スターに学問はいらない 映画は肉体労働だ」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年3月17日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170317-OHT1T50027.html 2017年4月14日閲覧。 
26. 「広告の中の人(1)お客さんとの距離が近くなる 渡瀬恒彦氏」、『宣伝会議』2014年08月号、株式会社宣伝会議、 71頁、 雑誌15611-8。
32. 「追悼・渡瀬恒彦「宝物のような存在でした」プロデューサーが見た渡瀬恒彦」、『キネマ旬報』2017年5月下旬号、株式会社キネマ旬報社、 74頁、 雑誌20723-5/15。
77. 「追悼・渡瀬恒彦「僕はスターじゃないですもん」慕われた希少な俳優」、『キネマ旬報』2017年5月下旬号、株式会社キネマ旬報社、 73頁、 雑誌20723-5/15。
84. 荒木一郎の自伝『まわり舞台の上で』(文遊社刊)荒木取材時のライター野村正昭の証言
85. “東映スピード・アクション浪漫アルバム”. 徳間書店 (2015年9月16日). 2017年6月3日閲覧。
86. 「文壇アウトローズの世相放談「これでいいのだ!vol.667」」、『SPA!』2017年4月25日号、扶桑社、 125頁、 23454-4/25。
87. “病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第3回・渡瀬恒彦」(2)タバコの火は自分でつける”. 徳間書店 (2016年11月1日). 2017年3月25日閲覧。
88. “苦手な会見も兄渡哲也のためなら/渡瀬さん悼む”. 日刊スポーツ新聞社 (2017年3月17日). 2017年4月5日閲覧。
89. 「4人のヤクザを5分でKO?渡瀬恒彦「芸能界再最強伝説」」、『週刊文春』2017年3月30日号、文藝春秋、 149頁、 雑誌26405-3/30。
90. 「変幻自在役者インタビュー 渡瀬恒彦」、『BIG tomorrow』2009年10月号、青春出版社、 54頁、 雑誌26851-8/4。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/07/23 19:30
血液型占い|夢占い|無料相性占い
姓名判断|心理テスト|結婚
ソ人気記事ランキング
2017/07/25 更新
 1位小原裕貴 (元タレント)
 2位平尾昌晃
 3位オーロラ銃乱射事件
 4位黒革の手帖
 5位ぼくらの勇気 未満都市
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant