サービス終了のお知らせ
電気分解
▼人気記事ランキング
3.要素
3.3.電解槽
電解液には溶液系(電気分解したい物質を溶媒に溶かした溶液)と溶融塩系(加熱して融解させた溶融塩)がある[9]

電解槽は、用途に合わせて様々な形状や材質のものが用いられる。溶液系の電気分解ではホフマン電量計U字管などガラス製のものが、溶融塩電解では耐熱性の高いセラミックス製の坩堝や電極を兼ねた金属製の坩堝が用いられる。

溶液系の場合、最も多く用いられる溶媒は水である[9]。水に不溶の物質などでは有機系溶媒が使われ、アセトニトリルベンゾニトリル塩化メチレンテトラヒドロフラン炭酸プロピレンジメチルホルムアミドジメチルスルホキシドがよく利用される[9]。溶液抵抗を低減させるため、反応性の低い電解質支持電解質)が一般に加えられる。溶媒や支持電解質の種類によって電気分解の生成物が異なる場合がある[9]

溶融塩電解では化合物に融剤として他の物質(試薬)を混ぜる場合がある[9]ホール・エルー法では酸化アルミニウムの融点を下げるために氷晶石フッ化ナトリウムが加えられる[9]

なお、溶液系や溶融塩系による電解液による電気分解のほかに、水蒸気電解のように固体電解質を利用して気体を電気分解する方法がある[9]

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/29 02:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant