電気通信
▼人気記事ランキング
1.定義
電気通信事業法は、「有線無線その他の電磁的方式により、符号、音響又は影像を送り、伝え又は受けること」と定義している。

また、放送公衆に向けた通信の送信とされ、電気通信の部分集合であるが、しばしば並立するものとして言及される。

例:「通信衛星放送衛星」「通信事業者放送事業者」「通信と放送の融合
有線通信無線通信という区分があるが、現在の通信ネットワークは有線・無線を適材適所に組み合わせて構築される。

定訳としては、日本語(漢語)「電気通信」は、英語 "electronic communication"(直訳すると「電子的通信」)と1対1に対応させるのが通常である。しかし、それぞれのフレーズ中で対応している「通信」と "communication" は一般に1対1には対応しておらず、"communication" のほうが意味が広い(日本語では「コミュニケーション」として別のカタカナ語もある)。「通信」に相当するのは "telecommunication" がそれに近く、当記事の他国語リンクでは英語版の Telecommunication の記事にリンクさせている。英語の telecommunication という語は、電気に限らず、通信の目的で遠隔地に信号を伝送すること全般を指し、電気通信が発明される以前からの概念であった、という歴史的事情もある。たとえば、狼煙トーキングドラム腕木通信手旗信号回光通信機などがある。

電気通信分野の初期の発明者としては、アレクサンダー・グラハム・ベルグリエルモ・マルコーニジョン・ロジー・ベアードらが挙げられる。

電気通信は世界経済の重要な部分となっており、2006年の全世界の電気通信業界の収入は1兆2千億ドルと見積もられている。

[6]次ページ
(2.歴史)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/11/11 19:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/25 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位唐田えりか
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant