電気工学
▼人気記事ランキング
1.歴史
1.3.その後の進展
1920年、アルバート・ハルがマグネトロンを開発し、1946年のパーシー・スペンサーによる電子レンジ開発の元となった[14][15]。1934年、イギリス軍はレーダー(これもマグネトロンを応用したもの)の開発に着手し、1936年8月にはBawdseyで世界初のレーダー基地の運用が始まった[16]

1941年、コンラート・ツーゼは世界初のプログラム可能な完全自動計算機Z3を公開した[17]。1946年にはジョン・プレスパー・エッカートジョン・モークリーENIACが続き、コンピュータ時代が始まった[18]。コンピュータの計算能力によって、様々な新技術の開発が可能となり、アポロ計画とその月面着陸もコンピュータがあるからこそ可能になった。

1947年、ウィリアム・ショックレージョン・バーディーンウォルター・ブラッテントランジスタを発明し、より小型の機器を開発する電子工学半導体工学への道が開かれた。

[4]前ページ
(1.2.無線工学の勃興)
[6]次ページ
(2.電気工学と関連分野の発展)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/06 22:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/20 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位9月19日
 5位逆鉾昭廣
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant