サービス終了のお知らせ
田尻智
▼人気記事ランキング
2.その他
最も好きなポケモンニョロモニョロゾである[4]
『ポケットモンスター』のアニメシリーズ劇場版の全ての作品に、「原案:田尻智」のクレジットが必ず行われている[5]
アニメ版『ポケットモンスター』シリーズの主人公の名前「サトシ」は、田尻智に由来している。先に出た『ポケットモンスター 赤』の時の主人公のデフォルト名のひとつでもある。1999年11月の米雑誌『TIME』のインタビュー[6]で、田尻は「サトシ」は子供時代の自分自身の分身だと答えている。
『ポケットモンスター 赤・緑』ゲーム開始時に表示される主人公またはライバルの名前候補のひとつであり、アニメでのサトシのライバルである「シゲル」の由来は、田尻が尊敬する宮本茂である。「師やライバルとして常に少し先を行っており、決して追いつくことはない」[6]とも答えている。
都市伝説」に対して強い思い入れがあることがインタビューなどで度々語られている。彼自身もかつて「とても安くアーケードゲームが遊べる店がある」という噂を聞いて、その真偽を自分で半年かけて調べてみたというエピソードがある[7]。雑誌の『ゲームフリーク』においてアーケードゲームにおける噂を調査した記事を載せたことがある。また、このことがゲーム版『ポケットモンスター』における「幻のポケモン」のアイデアの源流ともなったという(詳細はミュウ#幻のポケモンを参照)。
アニメ版『ポケットモンスター』においても、第1話で謎のポケモン(ホウオウ)を目撃して再会や更なる未知との出会いを一つの目標にする、スペシャル『ミュウツー! 我ハココニ在リ』の最後でミュウツーが都市伝説として語られるようになるなど、田尻からのメッセージとも取れるようなエピソードがいくつか登場している。
また、シリーズを通して都市伝説を意識した建物や場所がいくつかゲーム中に登場している。それらのいくつかは、実際に都市伝説として話題になった事もある(ポケモン屋敷・森の洋館など)。
ゲーム版『ポケットモンスター』では作中に開発スタッフ(ゲームフリーク社員)が登場するが、田尻は『ハートゴールド・ソウルシルバー』でしか登場していない(それも「この会社の社長」としてで、名前は一切出ない)。
1986年4月 - 1988年3月の3年間、当時ニッポン放送の『オールナイトニッポン』内で放送されていた新作ゲームの紹介コーナーを担当。田尻本人と、当時ファミコン通信(現ファミ通)のスタッフだった田中パンチ(加川良)との2人で出演していた。
小泉今日子のオールナイトニッポン(ファミ・バカコーナー)
ABブラザーズのオールナイトニッポン(ファミコンニューウェーブ)
圭修のオールナイトニッポン(ファミコンニューウェーブ)
映画監督のジョン・ウォーターズに影響を受けており、映画『ピンク・フラミンゴ』に衝撃を受け、自伝本なども大切にしている[8]
あるウェブサイトや海外の書籍などにおいて、しばしば高機能自閉症アスペルガー症候群などと書かれることがあるが、本人やゲームフリークなどの所属・関係する組織の関係者がそのように語った事実は見つかっていない。
フジテレビONEにて2003年より放送されているゲーム番組ゲームセンターCX』にゲスト出演したことがあり、有野課長と対談やゲームの挑戦でポケモンバトルが繰り広げられた。
[4]前ページ
(1.5.ポケットモンスター)
[6]次ページ
(3.著書)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/08 17:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant