天文単位
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
天文単位(てんもんたんい、: astronomical unit、記号: au)は長さの単位で、正確に 149597870700 m である。2014年3月に「国際単位系 (SI) 単位と併用される非 SI 単位」(SI併用単位)に位置づけられた。それ以前は、SIとの併用が認められている単位(SI単位で表される、数値が実験的に得られるもの)であった。主として天文学で用いられ、地球太陽の距離の近似値は約1 auであると述べることができる。
目次
1.IAUの決議とSIの定義
├1.1.IAUの決議
└1.2.単位記号
2.由来
3.定義の変遷
├3.1.1976年の定義
└3.2.2012年7月まで
4.天文単位の意義
├4.1.太陽系のものさし
├4.2.ガウスの天文単位系
├4.3.距離の梯子
└4.4.薄れた意義
5.値の永年変化と増大の謎
6.天体の距離の探求
├6.1.古代ギリシアとアラビア
└6.2.太陽までの距離の観測の年表
7.脚注
8.参考文献
9.関連項目
10.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/10/14 14:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/16 更新
 1位日本
 2位令和元年台風第19号
 3位ジョンベネ殺害事件
 4位10月15日
 5位狩野川台風
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant