天秤ばかり
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
天秤ばかり(てんびんばかり、英語: balance, balance scale)とは、てこの原理を利用して、質量を量りたい物体と、とをつりあわせることによって、物体の質量を測定する器具)。天秤による測定の基準となる錘を分銅という。上皿天秤のように、測りたい物体とおなじ重さの分銅を用いるものと、一定の重さの分銅を用いて、支点からの距離を変えることによって測定するものとに分かれる。狭義では天秤ばかりは前者のみを指し、後者は竿ばかりと呼ばれる。電子天秤も内部的には天秤ばかりとしての構造を有し、天秤と呼ばれる。ただし、分銅ではなく電気的な力によって天秤をつり合わせている点で、上記の古典的な天秤ばかりとは異なると言える。
目次
1.解説
2.試験と校正
3.誤差の原因
4.補足
5.脚注
6.関連項目
出典:Wikipedia
2018/10/02 20:30
ソ人気記事ランキング
2019/06/18 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位6月17日
 4位高橋克也 (オウム真理教)
 5位ジョー・コックス
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant