天王寺きつね
▼人気記事ランキング
1.来歴
天王寺動物園」、「天王寺水族館」というペンネームを経て現在のペンネームになった。同人活動や成人向け漫画を経て、現在はファンタジー作品を中心に一般向け漫画を執筆している。

同人活動時代は様々な題材を手掛けたが、特にロードス島戦記ディードリットを好んで描いた。ディードリットは現代日本の創作におけるエルフの視覚的イメージを決定付けたキャラクターであるが、当時の天王寺きつねの同人誌は、その認識を加速させる一要素となった。

また、現在も同人サークル「わくわく動物園」を主宰しているほか、アダルトゲームブランド「LiFox」や女性向けゲームブランド「TEA-CROWN」の代表を務め、コンピュータゲームの制作も手がけている。

[6]次ページ
(2.1.漫画)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/11/20 02:00
ソ人気記事ランキング
2018/12/16 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位艶堂しほり
 4位マトリックスの登場人物一覧
 5位12月15日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant