鉄腕アトム
▼人気記事ランキング
4.手塚治虫による漫画作品の連載・掲載誌
1951年(昭和26年)4月号 - 1952年(昭和27年)3月号 月刊誌の『少年』(光文社)に「アトム大使」を連載。[25]
1952年(昭和27年)4月号 - 1968年(昭和43年)3月号 『少年』(光文社)に「鉄腕アトム」として 月刊本誌と付録で連載。[26]
1953年(昭和28年)10月号 - 1953年(昭和28年)12月号 『漫画少年』(学童社) 「アトム大使」のリメイク版。
1964年(昭和39年)8月 - 1966年(昭和41年)11月 『鉄腕アトムクラブ』(虫プロダクション友の会) ファンクラブ会報誌。
1965年(昭和40年)1月3日号 『サンデー毎日』(毎日新聞社) 「ひょうたんなまず危機一発」掲載。
1967年(昭和42年)1月24日 - 1969年(昭和44年)2月28日 『サンケイ新聞』 TV最終話の続編。「アトム今昔物語」に改題。[27]
1969年(昭和44年)3月号 『ビッグコミック』 ショートショート「アトムの恋人」掲載。
1970年(昭和45年)7月号 『別冊少年マガジン』 「アトムの最後」掲載。50年後のエピソード。
1972年(昭和47年)4月号 - 1973年(昭和48年)3月号 『小学四年生』(小学館) TV最終話の続編。「アトム還る」に改題。
1972年(昭和47年)4月号 - 1973年(昭和48年)3月号 『小学一年生』(小学館) 小学四年生版と同設定、単行本未収録。
1975年(昭和50年)6月20日発行 単行本サンコミックス版(朝日ソノラマ)で「アトム誕生」書き下ろし。
1975年(昭和50年)9月号 『文藝春秋デラックス』(文藝春秋) 「アトム二世」掲載。TV最終話の続編にあたるパロディ作品。
1976年(昭和51年)2月27日号 『週刊朝日』(朝日新聞社) 「偏差値王国との対決の巻」掲載。
1976年(昭和51年)4月号 『月刊少年ジャンプ』(集英社) 「シルバータワーの巻」掲載。
1980年(昭和55年)9月号 - 1981年(昭和56年)11月号 『小学二年生』(小学館) 鉄腕アトムとして書き下ろされた最後の連載。1980版アニメのコミカライズ。
1986年(昭和61年)7月号 - 1987年(昭和62年)2月号 『月刊ニコニココミック』(世界文化社) 「アトムキャット」連載。
他に、メインではないがアトムの登場する番外編として「わが名は百科」や、ゲスト出演の「ブラック・ジャック『おまえが犯人だ!!』」などがある[28]
[4]前ページ
(3.1.ロボット法)
[6]次ページ
(5.外伝・後日談)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/21 10:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/21 更新
 1位日本
 2位徳勝仁
 3位山口組
 4位矢島健一
 5位10月20日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant