サービス終了のお知らせ
鉄道連絡船
▼人気記事ランキング
6.日本の鉄道連絡船
6.2.その他の鉄道連絡航路
稚泊航路 稚内桟橋駅 - 大泊港駅1923年 - 1945年
北海道と樺太の連絡。冬季の結氷時にも航路を維持する為砕氷船を用いた。ソ連樺太占領により事実上消滅。
鹿島参宮鉄道船舶部浜駅 - 鹿島大社(1927年 - 1931年
鹿島参宮鉄道によって開設。1929年には佐原航路も開設。1931年に水郷汽船(現ラクスマリーナ)に売却。
琵琶湖航路 長浜駅 - 大津駅(現・びわ湖浜大津駅)(1882年 - 1889年
日本初の鉄道連絡船で、湖東線(東海道本線)開業までの暫定的なもの。太湖汽船が運営。
利根川航路 栗橋駅 - 中田駅(1885年 - 1886年
今の東北本線を敷設した日本鉄道により、利根川橋梁の完成するまで暫定的に開設。
富山県営渡船 越ノ潟駅 -新港東口駅 (1967年 - )
富山新港建設による射水線分断により開設。
由良川航路 福知山駅 - 由良(1901年 - 1904年
福知山線を建設した阪鶴鉄道により、一時的に開かれた航路。
若狭湾宮津)航路 舞鶴港 - 宮津港(1904年 - 1924年)
天橋立への連絡を目的に開設。
若狭湾(小浜)航路 舞鶴港 - 小浜港1906年 - 1913年
阪鶴鉄道が開設した航路。1913年6月に丹越汽船に譲渡。
宮津湾内航路 宮津 - 文殊 - 須津 - 岩滝 (1909年 - 1925年)
阪鶴鉄道により開設。宮津線開通により廃止。
舞鶴航路(通称[15]山陰連絡船」) 舞鶴駅 - 境駅1905年 - 1912年
山陰本線開業までの暫定航路。
和歌山小松島徳島)航路 和歌山港駅 - 小松島駅小松島港仮乗降場)(1913年 - )
徳島小松島港側は1913年に国鉄小松島線(当初は施設を航路運行会社の阿波国共同汽船からの借り入れで運行)が、大阪港との間を結ぶ航路に接続する鉄道として開通していた。1956年に和歌山側で南海和歌山港線の(旧)和歌山港駅(後の築港町駅)が開設され(1970年には延伸開業した(新)和歌山港駅へ乗り継ぎ場を移転)、両側において鉄道と接続するようになった。1985年に小松島線が廃止され、1999年には小松島港から徳島港へ徳島側の発着地を変更した。南海電気鉄道子会社南海フェリーによって運航されており、南海電気鉄道との通し乗車券も販売されている。船と鉄道の連絡を考慮して組まれたダイヤで運航されている。
岡山高松航路 岡山港 - 高松駅(1903年 - 1910年)
尾道多度津航路 尾道駅 - 多度津駅(1903年 - 1910年)
いずれも、今の山陽本線を敷設した山陽鉄道により、讃岐鉄道の路線(高松駅 - 多度津駅 - 琴平駅、今の予讃線土讃線の一部)への接続を図るために開設。後に讃岐鉄道は山陽鉄道へ合併し、1906年に国有化。宇高連絡船の開設後、民間の瀬戸内海汽船に譲渡。
仁堀航路 仁方駅 - 堀江駅1946年 - 1982年
宇高航路の補助目的で開設。利用客がもともと少なく、更に呉・松山フェリーと競争にならなくなったため廃止となった。
吉野川航路 中原駅 - 新町橋(1916年 - 1935年
高徳線の一部などを建設した阿波電気軌道が、吉野川の架橋資金を捻出できなかったために開設された河川連絡航路。後に国有化。鉄道架橋により廃止。
宮島航路 宮島口駅 - 宮島桟橋(1903年 - )
民間の航路が山陽鉄道に買収され、鉄道国有法による同社の国有化で国鉄所有になったもの。JR西日本宮島フェリーの手で現在も運航されている。
大島航路 大畠駅 - 小松港(1946年 - 1976年
県営航路が国鉄に移管されたもの。屋代島(周防大島)における国鉄バスとの連絡航路でもあった。大島大橋の架橋によりバスに転換された。
徳山門司航路 徳山港 - 門司港(1897年 - 1901年)
山陽鉄道傘下の山陽汽船により、今の山陽本線が徳山駅まで開業してから下関駅への延伸工事中、暫定的に開設。
関門航路 下関駅 - 門司港駅1898年 - 1964年
本州と九州間の連絡。関門鉄道トンネル開業までは両者を結ぶ重要な交通機関だったが、トンネル開通後は地元民のための航路となった。並行する民間航路の利便性向上や関門トンネルの開通により乗客が移って利用が減少したため廃止。
関釜航路 下関駅 - 釜山桟橋駅(1905年 - 1945年)
朝鮮連絡。開設当初は、山陽鉄道傘下の山陽汽船が大韓帝国へ向けて運航する国際汽船であったが、同社の国有化と韓国併合で国内の国鉄航路に。軌間が異なるため、内地と朝鮮の間での車両航送は行われなかったものの、弾丸列車計画の絡みなどで、実施の案はあったとされる。太平洋戦争の結果領土を喪失し、消滅。
博釜航路 博多港 - 釜山桟橋駅(1943年 - 1945年)
関釜航路の補助航路として開設。博多駅 - 博多港間はバス連絡。関釜航路と同じ経緯で廃止。
大村湾航路 早岐駅 - 舟津港(1897年 - 1898年)
長崎線(今の大村線長崎本線諫早駅以西)開業まで、暫定的に設けられた航路。
鉄道連絡船の多くは、鉄道路線の延長、太平洋戦争敗戦による領土の喪失、トンネル及び橋の完成、利用客の減少などといった理由で廃止されている。

なお現在、稚泊航路に相当する稚内 - コルサコフ間には北海道サハリン航路が、関釜航路に相当する下関 - 釜山間には関釜フェリーが、博釜航路に相当する博多 - 釜山間にはカメリアラインJR九州高速船の「ビートル」、韓国の未来高速の「コビー」が運航されている。

また青函フェリー宇高国道フェリー(2012年10月17日の運航を以って運休)などのように、国鉄 - JRによる航路が廃止された後でも、同区間に車輸送や地元の便を図った民間の航路が存在する区間は数多く存在する。しかし、これら路線は広大な車両待機所を確保するために、港の位置が鉄道の駅から離れていることが多く、鉄道連絡船とは言いがたい。

[4]前ページ
(6.1.鉄道車両航送が可能な鉄道車両渡船を就航した本格的な鉄道連絡航路)
[6]次ページ
(6.3.鉄道連絡船とはみなされない航路)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/23 15:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant