サービス終了のお知らせ
鉄道連絡船
▼人気記事ランキング
5.世界の鉄道連絡船
5.8.カナダ
車両航送艀 (railbarge) は、タグボートが牽くに車両を載せたもので、鉄道連絡船の一種である。

運航中[編集]


ブリティッシュコロンビア州プリンスルパート - アメリカ、アラスカ州ホイッティア (Whittier) (アクアトレイン AquaTrain)
ブリティッシュコロンビア州デルタ - ナナイモ — サザン・レールウェイ・オブ・バンクーバー・アイランド (Southern Railway of Vancouver Island) による運航。車両甲板はトレーラーと同じように積み込まれ、同じ可動橋を利用している。
ケベック州マタンヌ (Matane) - ベイコモー (Baie-Comeau) (COGEMA)

かつて運航されていた車両航送艀[編集]


ブリティッシュコロンビア州の多くの内陸の湖 — カナディアン・ナショナル鉄道カナダ太平洋鉄道による運航。
オンタリオ州ポート・メイトランド (Port Maitland) - アメリカ、ペンシルベニア州エリー — トロント・ハミルトン・アンド・バッファロー鉄道 による運航。
オンタリオ州ポート・バーウェル (Port Burwell) - アメリカ、オハイオ州アシュタビューラ — カナディアン・ナショナル鉄道による運航。
オンタリオ州コーバーグ (Cobourg) - アメリカ、ニューヨーク州ロチェスター — オンタリオ・カー・カンパニーによる運航。
オンタリオ州サーニア - アメリカ、ミシガン州ポートヒューロン — カナディアン・ナショナル鉄道によってセント・クレアトンネル (St. Clair Tunnel) の開通まで運航された。
オンタリオ州ウィンザー - ミシガン州デトロイト — グランド・トランク鉄道、カナディアン・ナショナル鉄道、カナダ太平洋鉄道、ミシガン・セントラル鉄道、ウォーバッシュ鉄道によって1980年代まで運航された。

かつて運航されていた鉄道連絡船[編集]


ニューブランズウィック州ケープ・トーメンタイン (Cape Tormentine) - プリンスエドワードアイランド州ボーデン=カールトン (Borden-Carleton) — カナダ政府鉄道 (Canadian Government Railways) 、カナディアン・ナショナル鉄道、CNマリン (CN Marine) 、マリン・アトランティック (Marine Atlantic) による運航。MV AbegweitMV John Hamilton Grayが用いられていた。プリンスエドワード島における鉄道が1989年に廃止されたことに伴って運航が終了した。プリンス・エドワード・アイランド鉄道 (Prince Edward Island Railway) を参照。
ノバスコシア州マルグレーブ (Mulgrave) - ノバスコシア州ポイント・タッパー (Point Tupper) — インターコロニアル鉄道 (Intercolonial Railway) 、カナディアン・ナショナル鉄道により1955年にカンソー陸橋 (Canso Causeway) が開通するまで運航。
ノバスコシア州ノース・シドニー (North Sydney) - ニューファンドランド・ラブラドール州チャンネル=ポルトーバスク (Channel-Port aux Basques) — 1965年標準軌の鉄道車両の航送が開始された。ポルトーバスクに三線軌操車場があり、入換作業と狭軌台車との台車交換作業に用いられた。カナディアン・ナショナル鉄道のニューファンドランド島の区間の営業が1988年に廃止された時に連絡船の運航も廃止された。ニューファンドランド鉄道 (Newfoundland Railway) を参照。
[4]前ページ
(5.7.ブルガリア)
[6]次ページ
(5.9.中国)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/23 15:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant