サービス終了のお知らせ
入会権
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
民法 > 物権法 > 物権 > 用益物権 > 入会権 入会権(いりあいけん)とは、村落共同体等が、一定の主として山林原野において土地総有などし、伐木・採草・キノコ狩りのなどの共同利用を行う慣習的な物権。入会権が設定された土地のことを入会地(いりあいち)という。入会権を持つ村落共同体を入会団体といい、判例は、入会団体の所有形態を権利能力なき社団と同じ総有であるとしている(入会団体のほとんどは、権利能力なき社団うちの、いわゆる「代表者の定めのない権利能力なき社団」である。)。入会権は、土地に対するものだけでなく、入会団体の共同所有物や預貯金に対しても認められる。
注:民法について以下では、条数のみ記載する。
目次
1.沿革・意義
└1.1.旧慣使用権
2.適用法規
3.内容
├3.1.主体
├3.2.利用形態
├3.3.管理方法
├3.4.入会権と採草環境権
├3.5.入会権の処分
├3.6.入会権と時効による消滅
└3.7.入会地の新規取得
4.入会権に関する有名な訴訟
5.研究領域・主な研究者
6.脚注
7.参考文献
8.関連項目
出典:Wikipedia
2018/11/15 20:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant