日本大学
▼人気記事ランキング
4.教育および研究
4.1.組織

学部[編集]


法学部
法律学科(第1部)
法律学科(夜間部)
政治経済学科
公共政策学科
新聞学科
経営法学科
文理学部
人文系
英文学科
中国語中国文化学科
国文学科
ドイツ文学科
哲学科
史学科
理学系
地理学科
地球システム科学科
物理学科
物理生命システム科学科
化学科
情報科学科
数学科
社会系
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
体育学科
経済学部
経済学科
金融公共経済学科
産業経営学科
商学部
商業学科
経営学科
会計学科
芸術学部
美術学科
音楽学科
放送学科
デザイン学科
演劇学科
映画学科
写真学科
文芸学科
国際関係学部
国際総合政策学科
国際教養学科
危機管理学部
危機管理学科
スポーツ科学部
競技スポーツ学科
理工学部
機械工学科
電気工学科
電子工学科
交通システム工学科
物質応用化学科
まちづくり工学科
海洋建築工学科
精密機械工学科
航空宇宙工学科
応用情報工学科
建築学科
土木工学科
数学科
物理学科
生産工学部
機械工学科
電気電子工学科
応用分子化学科
創生デザイン学科
マネジメント工学科
数理情報工学科
環境安全工学科
土木工学科
建築工学科
工学部
建築学科
土木工学科
電気電子工学科
機械工学科
物質化学工学科
情報工学科
医学部[71]
医学科(6年制)
歯学部
歯学科(6年制)
松戸歯学部
歯学科(6年制)
生物資源科学部[72]
生命農学科
生命化学科
獣医学科(6年制)
動物資源科学科
食品ビジネス学科
森林資源科学科
海洋生物資源科学科
生物環境工学科
食品生命学科
国際地域開発学科
応用生物科学科
くらしの生物学科
薬学部
薬学科(6年制)

通信教育部[編集]


通信教育部[73]
法学部(法律、政治経済学科)
文理学部(文学、哲学、史学専攻)
商学部(商業学科)
経済学部(経済学科)

大学院[編集]


法学研究科
公法学専攻
私法学専攻
政治学専攻
新聞学研究科
新聞学専攻
法務研究科
法務専攻
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
中国学専攻
英文学専攻
ドイツ文学専攻
社会学専攻
教育学専攻
心理学専攻
総合基礎科学研究科
地球情報数理科学専攻
相関理化学専攻
経済学研究科
経済学専攻
商学研究科
商学専攻
経営学専攻
会計学専攻
芸術学研究科
博士前期課程
文芸学専攻
映像芸術専攻
造形芸術専攻
音楽芸術専攻
舞台芸術専攻
博士後期課程
芸術専攻
国際関係研究科
国際関係研究専攻
理工学研究科
土木工学専攻
社会交通工学専攻
建築学専攻
海洋建築工学専攻
機械工学専攻
精密機械工学専攻
航空宇宙工学専攻
電気工学専攻
電子工学専攻
物質応用化学専攻
物理学専攻
数学専攻
地理学専攻
不動産科学専攻
医療・福祉工学専攻
情報科学専攻
量子理工学専攻
生産工学研究科
機械工学専攻
応用分子科学専攻
土木工学専攻
建築工学専攻
数理情報工学専攻
管理工学専攻
電気電子工学専攻
工学研究科
土木工学専攻
建築学専攻
機械工学専攻
電気電子工学専攻
工業化学専攻
情報工学専攻
医学研究科
医学専攻
歯学研究科
歯学専攻
松戸歯学研究科
歯学専攻
薬学研究科
薬学専攻
獣医学研究科
獣医学専攻
生物資源科学研究科
生物資源生産科学専攻
生物資源利用科学専攻
応用生命科学専攻
生物環境科学専攻
生物資源経済学専攻
総合社会情報研究科
通信制・博士前期課程
国際情報専攻
文化情報専攻
人間科学専攻
通信制・博士後期課程
総合社会情報専攻
国際情報分野
文化情報分野
人間科学分野

専攻科[編集]


専攻科
食物栄養専攻(学士課程) - 食物栄養学科など、2年制の栄養士養成施設校(専門士称号に相当する課程)を卒業した者も専攻科に入学し修了すれば、4年制大学と同じ学位(学士課程・栄養学)を得ることが可能である。

別科[編集]


短期大学部[編集]


短期大学部
ビジネス教養学科
食物栄養学科
生命・物質化学科
ものづくり・サイエンス総合学科
建築・生活デザイン学科

附属機関[編集]


総合大学ではあるが、外見は単科大学の連合体のような様相を呈しているため、すべての学部に研究所と図書館が置かれているのはもとより、その他に、資料館、博物館、セミナーハウス、学生寮、研究センター、研修所および、練習所(グラウンド)などを数多く所有する国内最大規模の大学施設を誇っている。また、学校法人(本部)が管理・運営を行っている施設もある。

附属図書館[編集]
重要資料、和洋書、学術雑誌など、550万冊以上を保管している。全学で共有できるディスカバリーサービス、オンラインのデータベース・ジャーナル、電子書籍もある。

カザルスホール[編集]

2002年に取得。日本大学大学院法務研究科が2004年から2014年まで入居していたお茶の水キャンパスであった。2010年3月に貸出停止。現在でも千代田区にある有名な建物として存続している。

旧国技館[編集]
1958年から1982年まで、初代の両国国技館跡地を買い取り、日大講堂として使われていた。行事、一般向けスポーツ競技、コンサートイベントなどで使用された(日本大学講堂参照)。

[4]前ページ
(3.3.校歌)
[6]次ページ
(5.1.21世紀COEプログラム)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/02/21 00:00
ソ人気記事ランキング
2019/02/21 更新
 1位日本
 2位堀ちえみ
 3位メイプルソープ事件
 4位島田さくら
 5位中華航空140便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant