サービス終了のお知らせ
日本車
▼人気記事ランキング
概要
日本車(にほんしゃ)とは、日本で生産される自動車(日本製自動車)、もしくは日本を本拠とするメーカーやブランドが販売する自動車(日本ブランド車)のことである。日本国内では、国産車とも呼ばれる。

概要[編集]

日本車の特徴は高品質にある。新興市場14地域におけるイメージ調査では、質が良いと思う日本製品として日本車が挙げられている[1]。信頼性・安全性等を考慮した米消費者団体の調査でも、推薦車種に日本車が挙げられることが多い[2][3]。また、信頼性の高い車種・燃費のよい車種でも日本車がリードしている。アメリカの自動車耐久品質調査において、レクサスが1995-2008年まで14年連続でトップだった[3]。米国環境保護庁の2009年燃費ガイドによれば、クラス別燃費ランキングのトップは40車中13車が日本車であった[4]

2008年、日本の年間自動車生産台数は1156万台で、世界第1位であった[5]

2008年、日本の主要自動車メーカーによる自動車生産台数は2298万2924台で、世界の自動車生産台数6956万1356の33.0%を占めている[6]

2013年、アメリカ高速道路安全保険協会による評価では、安全性で最高評価である「トップセーフティーピックプラス」の基準を満たした22車種のうち、16車種が日本メーカー車両であった[7]。2014年、コンシューマー・レポートはブランド別の信頼度順位を発表し、レクサストヨタマツダホンダの順に、日本勢がトップ4位まで独占した[8]

世界主要国の乗用車販売台数に占める、「日本ブランド車」のシェアは以下の通り。

アメリカ合衆国:41.2%
西ヨーロッパ全体:13.5%
イギリス:17.8%
ドイツ:11.6%
フランス:8.7%
イタリア:11.5%
スウェーデン:15.7%
ただこれらのように性能や品質では評価される一方でTopGearでは度々「つまらないモノ」扱いされたりしたように「感性に訴えかける領域に関してはダメ」と言う評価を受けることも間々あり、それは北米でのサイオンブランド設立の背景にも挙がっていた。

現在は日産自動車三菱自動車ルノー三菱ふそうダイムラーの傘下に入っているほか、過去にはスバルスズキゼネラル・モーターズマツダフォードの傘下であったことがある。

歴史[編集]

1904年 日本車第1号と言われている「山羽式蒸気自動車」が電気技師・山羽(やまば)虎夫によって製作される[9]
1907年 日本車初のガソリン自動車「タクリー号」が吉田真太郎と内山駒之助の2人によって約10台製作される。
1911年 東京府東京市麻布区(現在の東京都港区麻布)に「快進社自働車工場」(日産自動車の源流)を設立し、初のエンジンまでも含めた純国産車を開発した。
1916年 現存する日本最古の国産自動車、機械遺産であるアロー号が製作される。
1918年 日本車初のトラック「T.G.E.トラック」が東京瓦斯電気工業(英名略称:T.G.E.)によって生産される[10]
1919年 日本車初の量産乗用車「三菱A型」が三菱造船によって誕生[11]
1925年 白楊社の豊川順弥が製造した「オートモ号」2台が上海輸出され、日本車初の輸出車となる。1台は消防の伝令車として使われた(「オートモ号」は約300台製造された。1999年トヨタ博物館国立科学博物館の共同プロジェクトで復元され、現在、国立科学博物館に展示されている)。
1925年 アメリカのフォード・モーター横浜に工場を設立し、続けて1927年にはゼネラルモーターズ大阪に工場を設立。両社ともノックダウン生産という形で大量生産を行い、太平洋戦争直前まで操業した。
1932年 川越庸一大同メタル創業者)が当時の大岩名古屋市長を巻き込み、1928年に提唱した、「中京デトロイト化構想」に沿い、大隈鉄工所(現・オークマ)、愛知時計電機、岡本自転車、日本車輌製造の4社共同による、国産初の乗用車「アツタ号」が完成、試作1号車を名古屋市役所が買い上げる。しかし、当時の技術力や社会、経済情勢の前に、企業化計画は頓挫した。
1935年 トヨタ自動車の創業者である豊田喜一郎がトヨタ初のトラック「トヨダ・G1型トラック」を乗用車に先駆けて完成させた[10]エンジン部品の鋳造には、「アツタ号」の経験も活かされている。
1936年 トヨタ初の生産型乗用車「トヨダ・AA型乗用車」を生産[10]

主なメーカー・ブランド[編集]

四輪車

トヨタ自動車
トヨタ
レクサス
ダイハツ工業
日野自動車
サイオン ※現在廃止
トヨペット ※現在廃止(販売チャンネルとして名は残る)
日産自動車
ニッサン
インフィニティ
ダットサン
プリンス ※現在廃止
本田技研工業
ホンダ
アキュラ
マツダ
マツダ
アンフィニ ※現在廃止
ユーノス ※現在廃止
オートザム ※現在廃止
SUBARU
スバル
三菱自動車工業
スズキ
いすゞ自動車
光岡自動車
日本エレクトライク
三菱ふそうトラック・バス
UDトラックス(旧:日産ディーゼル)
二輪車

本田技研工業
スズキ
川崎重工業
ヤマハ発動機

日本国外における日本車[編集]

戦後における日本車の本格的な海外輸出は、1949年(昭和24年)12月1日の外国為替及び外国貿易管理法、および輸出貿易管理令を経て、さらに翌1950年(昭和25年)4月の自動車の統制価格の廃止をもって、原材料の調達、生産、販売、値付けに関する一切の規制が取り払われ、自由化がなされるまで待たねばならなかった。また、自動車業界側は、1949年4月に「自動車輸出振興会」を設立し、トヨタ社長の豊田喜一郎会長に据え、輸出再開の準備を進めた。

民間輸出業者に続き、メーカーも海外輸出を再開したが、当初の輸出先は本土復帰前の沖縄台湾タイブラジルが主であった[12]。当初は、第二次大戦後の世界で普及途上であった一方、軍用車両生産によって日本での製造技術蓄積が進んでいたディーゼルエンジン搭載の大型トラック・バスが輸出の主力であった。

純粋な輸出による増産ではないが、1956年から始まった「U.S. Army Procurement Agency in Japan(APA)特需」も、生産技術の向上には好機となった[13]

より外貨の獲得に有利な対米輸出は、1957年のトヨタのクラウンランドクルーザーから始まった。当時はまだ技術力が低かったため、クラウンはオーバーヒート焼きつき、操縦安定性の欠如、灯火類の照度不足などで市場不適合の烙印を押され、改良の甲斐もなく早々と輸出中止を余儀なくされたため[14]、設立当初の米国トヨタ(現・TMS)はランドクルーザーのみに命脈を繋ぐという危機的状況に追い込まれた[15]

その後各メーカーは欧米の技術を徹底的に模範、研究することで次第に評価が高まっていった。

オイルショック大気汚染問題が深刻化した1970年代に、ホンダによってCVCCが開発されるとその高い技術力や省燃費性に注目が集まるようになり、世界での評価は大きく高まった[16]。今では燃費の良さや、工作精度の高さによる故障の少なさ、そして安価である事が評判となり、世界各国で高い人気を得るまでになっている。

国交のない北朝鮮や、フセイン政権時代のイラクにも、商社を通じて輸出(主にトヨタ・ハイラックスや、同メーカーハイエースなどピックアップや大人数が乗車可能なバン)されている。チャド政府軍対リビア軍・反政府軍によるチャド内戦や、イラン・イラク戦争の際は、両軍ともに日本製のトラックや4輪駆動車に銃砲類を搭載した簡易戦闘車「テクニカル」を大量投入して戦闘を繰り広げ俗にトヨタ戦争とも呼ばれた。

ロシア連邦東南アジア南アジア西アジアアフリカ諸国など、多くの国に日本で使用されていた中古車が大量に輸出されており、ロシアやモンゴル国などでは、右側通行にもかかわらず右ハンドルのままで使用されている。特に商用車などは日本語看板が描かれたまま使われているものも多い。

また、日本車に限定されるものではないが、盗難車の輸出も増え続けている。これには、自由貿易港を持ち、ジュベル・アリ・フリーゾーンでもあるドバイが存在する限り、有効な対策はないといわれている。

イギリスやアメリカなどではスカイラインGT-RランサーエボリューションインプレッサWRXなどの一部のスポーツモデルがカルト的な人気を誇っている。また近年特にアメリカ市場では、いわゆる25年ルール(外国製車種のうち製造後25年を経たものは制限なく輸入・使用が可能)が1990年代も除外対象になってきたことから日本のバブル期の高性能車から軽自動車まで様々な中古車が輸出される事象が発生している。

ブラジルでは1990年代まで国策により輸入車の販売が原則禁止されており、トヨタが一部車種を現地組み立てするに止まっていた。しかし現在は輸入車の販売が解禁された上に、本田技研工業も現地生産を開始し、更にフレックス燃料車を発売したのを皮切りにトヨタもフレックス燃料車の生産販売に参入した。

アメリカ市場での市場シェアは約35%と高い。カリフォルニア州に限ると、シェアは45%になり、41%のアメリカ車より高いシェアを記録した(2006年)。アメリカメーカーはピックアップトラックが販売の中心になっているのに対し、セダンSUVでは日本メーカーがリードしている。2007年、全米最大の新聞であるUSAトゥディ紙が発表した「過去25年間に最もインパクトのあった自動車」では、1位・トヨタ・カムリ1992年型)、3位・トヨタ・プリウス2001年型)、7位・レクサスLS400(1990年型)など、トップ10のうち6車が日本車であった[17]

ヨーロッパにおいては、市場シェアは約13.5%であり、1999年の11.7%から増加している。特にイギリスでは18%近くのシェアがある。ドイツでも輸入車としては最も高いシェアがある。近年、トヨタ自動車が欧州での販売台数を伸ばしているのに対し、日産自動車は大きく落としている。

オーストラリアでは50%近くのシェアがある。現地工場を持つトヨタが全(アメリカ、欧州、日本、韓国)メーカーの中でトップシェアである。また、かつては日産や三菱も現地生産したこともあった。

韓国では、1988年に自動車の輸入が自由化されたものの、「輸入先多辺化(多角化)制度」と呼ばれる事実上の対日輸入禁止品目において自動車が指定されていたために、日本製自動車に限っては輸入・販売が禁止されていた[1]が、その間にも現地メーカーにより、三菱車やマツダ車、スズキ車などをはじめとした多くの車種が現地生産されていた[18]。日本車の販売は、同制度が1998年6月をもって撤廃された後に開始された。日本車に乗ることに対する心理的な後ろめたさがあるとも言われたが、2005年以降はレクサスが輸入車販売の第1位となっている他、ホンダやインフィニティの販売も好調である[2]。近年は米韓自由貿易協定により、米国製日本メーカーの車も徐々に増えてきている(トヨタ・カムリ、トヨタ・シエナ日産・アルティマなど)。

台湾中華民国)でも21世紀に入るまでは日本を含むアジア製やオーストラリア製の完成車輸入を禁止していたため、日本のメーカーは現地企業と合弁でKD生産に力を入れていた。中でも日産のモデルを生産していた裕隆汽車(ユーロン、Yulon)は1960年代から創業を始めている。

中国では、2008年の「日本ブランド」(現地生産車と日本からの輸出車の合計)のシェアは21%で、外資としてトップである[19]

インドでは、マルチ・スズキスズキの子会社)が60%近いシェアを握っている。

現地生産の開始[編集]

前述のように、1960年代以降、日本製自動車は世界各地に輸出されていたが、日本の自動車生産台数が世界一になった以降の1980年代後半頃から、いわゆる貿易摩擦ジャパンバッシング)の激化や円高、相手国の政策上の都合(関税、輸入制限など)などにより、トヨタや日産など主要なメーカーでは、アメリカ・ヨーロッパ・南アメリカ・中国・台湾・ASEANといった、世界の主要な地域に現地生産工場を設立し、日本から技術が移管されて、現地で日本ブランドの自動車が生産される割合が多くなっている。

当初は日本から主要な部品などを輸出していたことが多かったが、やがて主要な部品の現地調達率も高まりつつあり、外国拠点の主導で改良、設計された車種も現れるようになった。外国拠点で生産された一部の車種は日本にも輸入されている。

日本国外の文化にみる日本車[編集]

日本で言うところの走り屋文化に関連する事象
海外、主にアメリカ合衆国ではチューンアップした日本車(スポーツコンパクト:スポコン)をライス・バーナー(Rice burner)あるいはライス・カー(Rice car)、日本のオートバイメーカーのスポーツバイクをライス・ロケット(Rice rocket)と呼んでいる。このような日本車をテーマのひとつにした映画ワイルド・スピード』(原題:"The Fast and the Furious")は、アメリカを中心に全世界でヒットし、シリーズ化されている。

とりわけ2019年前後ではアメリカの通称「25年ルール」と呼ばれる輸入規制免除枠(環境保護庁(EPA)が21年、高速道路交通安全局(NHTSA)が25年経過した車両に対し、ヴィンテージ品としての価値を勘案し並行輸入車に対しての試験を免除するというモノ)も相まって、ネオヒストリックカー(とりわけRB26世代のスカイラインGT-Rが取り沙汰されることが多い)の北米への流出が起こっている。[20][21]

以上の流れについてはスポーツコンパクト及びJDM (自動車)を参照のこと。

脚注[編集]

メーカーと主な車種

関連項目[編集]

日本における自動車
イギリス車
ドイツ車
フランス車
イタリア車
アメリカ車
スウェーデン車
韓国車
中国の自動車産業

外部リンク[編集]

日本自動車工業会
日本自動車販売協会連合会
トヨタ博物館
出典:Wikipedia
2020/02/20 11:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/29 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位2月28日
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant