日本航空123便墜落事故
▼人気記事ランキング
5.捜索・救難活動
5.6.アメリカ軍による救難活動の情報
1995年平成7年)8月、当時123便を捜索したロッキードC-130輸送機に搭乗していた元在日米軍中尉が、事故直後に厚木基地アメリカ海兵隊(のちに座間アメリカ陸軍と訂正)救難ヘリを現場へ誘導したが、救助開始寸前に中止を命じられ、またその事実も他言しないよう上官から命令されたと証言した[47]

生存者の証言によると、墜落直後の現場にヘリコプターが接近したため、声を上げたり手を振ったものの、救助することなく遠ざかっていなくなったという[37]。また、報道機関としては事故現場をもっとも早く発見した朝日新聞社のヘリは、現場を超低空で飛行するヘリを目撃している[41]。マスコミ各社は「日本側がアメリカ軍の救助協力を断った[48]」などと報道し、救難体制の不備や関係当局の姿勢に対する批判が高まった[49][50]

[4]前ページ
(5.5.関係機関の連携体制)
[6]次ページ
(5.7.艤装中の護衛艦による垂直尾翼破片の発見)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/17 00:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/20 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位千と千尋の神隠し
 4位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
 5位二・二六事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant