日本航空の航空事故およびインシデント
▼人気記事ランキング
2.1960年代
2.11.日本航空モーゼスレイク墜落事故
1969年(昭和44年)6月24日、コンベア880-22M (JA8028, KIKYO) が、アメリカモーゼスレイクにあるグラントカウンティ空港でワン・エンジン・クリティカル・カット・アウトの訓練中、急激な片滑りから滑走路を逸脱し、僅かに離陸したもののバランスを崩したまま墜落炎上し、搭乗員5名中3名が死亡した[3]

1966年の羽田空港事故と全く同じ態様であり、操縦ミスが主因とされたが、コンベア880固有の問題の他に、マイクロバースト原因説も挙げられた。

[4]前ページ
(2.10.日本航空伊丹空港オーバーラン事故)
[6]次ページ
(3.1.日本航空サンディエゴ墜落事故)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/17 23:33
ソ人気記事ランキング
2019/10/23 更新
 1位日本
 2位矢島健一
 3位山口組
 4位10月22日
 5位司忍
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant