日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約(にほんこくとアメリカがっしゅうこくとのあいだのそうごきょうりょくおよびあんぜんほしょうじょうやく、:Treaty of Mutual Cooperation and Security between the United States and Japan、昭和35年条約第6号)は、日本国アメリカ合衆国安全保障のため、日本本土にアメリカ軍在日米軍)が駐留することなどを定めた二国間条約のことである。1960年昭和35年)1月19日に、ワシントンD.C.で締結された。いわゆる日米同盟(にちべいどうめい)の根幹を成す条約であり、条約には「日米地位協定」が付属している。ただし、日本において日米関係を「同盟」と表現するのが一般化したのは、1980年代になってからのことである。
形式的には1951年(昭和26年)に署名され翌1952年(昭和27年)に発効した旧安保条約を失効させ、新たな条約として締約・批准されたが、実質的には安保条約の改定とみなされている。この条約に基づき、在日米軍としてアメリカ軍の日本駐留を引き続き認めた。60年安保条約、新安保条約(しんあんぽじょうやく)などともいわれる。新・旧条約を特段区別しない場合の通称は日米安全保障条約(にちべいあんぜんほしょうじょうやく)、日米安保条約(にちべいあんぽじょうやく)。
目次
1.概要
2.条文
3.安保条約の本質、諸解釈など
├3.1.日米安全保障条約の本質の変化
├3.2.日本抑止論
├3.3.第5条共同対処宣言(義務)に関する解釈
├3.4.米国下院で「日本側に有利過ぎる」と批判された日米安保条約
├3.5.米軍が日本に駐留し続ける事の意義
└3.6.米国の核の傘を否定する発言
4.日本国内の認識
├4.1.沖縄県
├4.2.識者
├4.3.世論調査
└4.4.集団的自衛権との関係
5.脚注
6.関連文献
7.関連項目
8.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/08/24 22:00
ソ人気記事ランキング
2019/09/18 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位凪沢怜奈
 5位池田大作
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant