日本への原子爆弾投下
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
日本への原子爆弾投下(にほんへのげんしばくだんとうか)は、第二次世界大戦の末期に当たる1945年8月に、アメリカ軍日本に投下した二発の原子爆弾による空爆である。人類史上初、なおかつ世界で唯一核兵器が実戦使用された例である。多方面な議論がなされているが人道的観点から言えば紛れもない人類史に残る虐殺である。
本稿ではこの2発の原子爆弾に併せて、投下されなかった3発目の原子爆弾について総論的に述べる。
目次
1.投下の理由
2.原子爆弾投下の背景と経緯
├2.1.イギリスとアメリカと日本における政策上の背景と経緯
├2.2.ルーズベルトの決断
├2.3.原子爆弾投下阻止の試みと挫折
├2.4.トルーマン政権と軍の攻防、和平工作の破綻
├2.5.原子爆弾投下都市の選定経緯
├2.6.模擬原子爆弾「パンプキン」の投下訓練
├2.7.原子爆弾の輸送とインディアナポリス撃沈事件
├2.8.日本の対応
└2.9.第三の原子爆弾投下準備
3.極東国際軍事裁判
4.被爆者への認識と対応
└4.1.被爆者を使った人体実験
5.評価・歴史認識
├5.1.日本
├5.2.アメリカ・イギリス
├5.3.中華人民共和国
├5.4.韓国
└5.5.イラン
6.脚注
├6.1.注釈
└6.2.出典
7.参考文献
8.関連項目
9.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/12/14 15:33
ソ人気記事ランキング
2020/01/26 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位東出昌大
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant