サービス終了のお知らせ
日本のダービーマッチ
▼人気記事ランキング
概要
日本のダービーマッチ (にほんのダービーマッチ)は、日本における「ダービーマッチ」と称される試合の事をいう。

変遷[編集]

日本国内では、日本プロサッカーリーグ (Jリーグ)発足以前の日本サッカーリーグ (JSL) でも、「○○決戦」という表現が「ダービーマッチ」に近い性格を帯びて用いられてきた。JSLでこのような呼び方をされていたものは以下のものがある。

当時、こうした「○○決戦」では観衆数は少ないものの、そのほとんどが選手の家族や会社関係者だったため、「天竜川決戦」のように会社自体がライバル関係にあった「決戦」は盛り上がりを見せた。同時に「天竜川決戦」はダービーマッチが本来持っている地域性を内包しており、これを日本の「ローカルダービー」の一つの原型とみなすこともできる。

現在のように、従来の「○○決戦」に代わり、日本で「ダービー」という言葉・表現が用いられるようになったのは1993年のJリーグ開幕後のことである。発足初年こそ、「ダービーマッチ」と呼ばれたのはローカルダービーの横浜ダービー (横浜マリノス×横浜フリューゲルス)とナショナルダービー (ヴェルディ川崎×横浜マリノス)の2つしかなかった。現在では、サッカーが盛んな地域性などから静岡ダービーさいたまダービー大阪ダービーが日本で最も盛り上がりを見せる典型的なダービーマッチといえる。

なお、元々の「ダービー」という語源は英国発祥のフットボール競技から由来しているため、その流れから考えれば主にサッカーラグビーなどにおいて用いられてきた言葉であった。しかし、近年の日本国内ではプロ野球などといった英国以外から発祥した競技スポーツでも頻繁に使用されている。

現状[編集]

日本におけるダービーマッチの具体的な特徴として、歴史上の因縁や地域の共通点をからめるなど本来のダービーマッチが持っている地域性による試合以外にも「ダービー」と呼ぶ傾向が見られる点にある。例えば、「川中島ダービー (平成の川中島合戦)」や「天地人ダービー」などがこれに当たり、これらは従来用いられてきた「○○対決」の延長上にあるもので、容易にその言い換えが可能であるためである。

このような狭義の「ダービー」とは異なる用法がされる理由としては以下の点が挙げられるが、実際にローカルダービーとして盛り上がりを見せるのは、本拠地が同一都道府県、または関東以外の地域において本拠地が隣接する府県にある場合 (関東では全ての都県にJリーグクラブがある)くらいである。また、異なった用法によって作られたダービーマッチの中には観客動員増加など、一定の成功を収めているカードもあるものの、本来のダービーマッチに比べサポーターの意識は低く、盛り上がりに欠ける傾向にある。

クラブの商業的な戦略。
サポーターがいわゆる「ネタ」として広めたもの。
リーグ自体がプロ化を行って歴史が浅い為にクラブ同士にたいして因縁が無い事。

サッカー[編集]

Jリーグ[編集]

これらに該当する試合は相手チームのマスコットまで参加することが該当しない試合よりも高くなる傾向にある。

ナショナルダービー[編集]


Jリーグ発足以降「ダービーマッチ」と表現するいう言葉が普及するにつれ、国内の突出した2チームによる対戦を「ナショナルダービー」と表現することがある。

ヴェルディ川崎 vs 横浜マリノス
鹿島アントラーズ vs ジュビロ磐田
浦和レッズ vs ガンバ大阪
2008年以降、リーグ戦では3クラブ以上が絡む混戦が多く、優勝に絡むクラブの顔ぶれも毎年変わるなど、突出した2つの強豪クラブが優勝を分け合う状況とはなっていない。このことから「ナショナルダービー」という表現は少なくなっている。

ローカルダービー[編集]


さいたまダービー:同一自治体 (さいたま市)内で異なる本拠地を持つクラブ (浦和は埼玉スタジアム2002、大宮はNACK5大宮)によるダービーマッチである。また、本拠地のほか、同一の自治体内でありながら地域名が異なるのは日本で唯一である[注 1][注 2][注 3]。2015年・2018年〜2020年は大宮がJ2在籍のため、リーグ戦においては開催されない[14]
千葉ダービー:1995年から開催されている、ジェフ千葉柏レイソルとの対戦。毎年プレシーズンマッチとして、ちばぎんカップが開催されている。 (会場:柏のホーム日立台 (or柏の葉)、千葉のホームフクアリ (市原は2005年を最後に開催されていない。))
東京ダービー:2012年に町田がJ2昇格 (2013年はJFL降格・2014年はJ3所属)した際、東京Vとの対戦は「東京クラシック」の名が付けられている。
甲信ダービー:山梨県と長野県の隣県で、戦国時代より「甲州」「信州」と呼ばれ、総称して甲信地方と呼ばれている。2012年に甲府がJ2降格、松本がJ2昇格で対戦が実現した。2013年-2014年にかけての2年間は甲府がJ1、松本がJ2にそれぞれ所属するため開催されなかったが、2015年に松本のJ1昇格に伴いJ1で初開催された。
大阪府ダービー:2016年からJ3リーグにおいて解禁されたセカンドチーム (U-23)の加盟により、「U-23版大阪府ダービー」も行われている。
九州ダービー:福岡ダービーを含む九州勢同士の対決は2010年から「バトルオブ九州」と名付けられている[15]

交流のある地域同士の対戦[編集]


地域同士が近接している対戦[編集]
川中島ダービー: 両ホームタウン出身の戦国大名武田信玄上杉謙信に因んだダービーマッチ。由来となった川中島の戦いでは両大名が一騎討ちを行っている。両チームの対戦はJFL所属の1998年からであるが、2003年に「平成の川中島合戦」としてこの名が付けられた。2003年および2006年は戦いの舞台であった長野県(松本アルウィン)で対戦している。
天地人ダービー: 両チームのホームがある山形県新潟県が県境を接していること、また、NHK大河ドラマ天地人』で両県が主要舞台(1595年ごろまでは新潟県、関ヶ原の戦い以後は山形県米沢市。いずれも戦国大名上杉氏の本拠地である)となっていることから命名された[16][17]
白山ダービー: 白山を挟んで隣接する石川県岐阜県の両Jクラブによるダービーマッチ。両クラブの対戦自体は2015年に金沢がJ2に昇格して以来行われているが、白山ダービーと銘打たれたのは白山開山1,300年となる2017年。
富士山ダービー: 両者のホームタウンから見える富士山から。記念グッズも発売されている。なお、この両クラブは業務提携を結んでいたこともあり (ヴァンフォーレ甲府の2002年の項なども参照)、近しい関係となっている。2006年の甲府のJ1昇格時、リーグ開幕戦で初めて実現した。[18][19]
瀬戸大橋ダービー: 瀬戸大橋で結ばれている岡山県香川県をホームタウンとする両クラブの対戦。2014年に讃岐がJ2昇格して実現した。なお岡山県と香川県は民放テレビの放送エリアが同一であり、同一の文化圏とも言える関係である。したがって、讃岐サイドから見ると、四国ダービーよりも、瀬戸大橋ダービーの方が圧倒的に盛り上がっている (岡山サイドから見ても陰陽ダービー等、他のPRIDE OF 中四国の試合より盛り上がっている)[20]
海峡ダービー: 鳴門海峡を挟んで隣県同士の兵庫県徳島県をホームタウンとする両クラブの対戦。徳島がJリーグ昇格後、初対戦となった2006年に「海峡ダービー」の名がメディアに登場した。2014年にはJ1での対戦が実現している。
関門海峡ダービー: 関門海峡を挟んで隣県同士の山口県福岡県北九州市をホームタウンとする両クラブの対戦。2016年に山口がJ2に昇格して実現した[21]。2017年は北九州のJ3降格に伴い開催されない。
地域同士が近接していない対戦[編集]
姉妹県マッチ: 宝暦治水事件が縁となり、1971年に最初で最後の姉妹県となる岐阜県鹿児島県をホームタウンとする両クラブの対戦。鹿児島がJ2に初めて参加した2019年から実施。なお、B3リーグ岐阜スゥープス鹿児島レブナイズの試合はこの形式を用いていない。

ダービーマッチ的な要素を持つ対戦企画[編集]


PRIDE OF 中四国:中国四国地区のクラブ同士の対戦
バトルオブ九州:九州地区のJクラブ同士の対戦
プライド オブ 北アルプス

現在は行われていない対戦企画[編集]


MICHINOKU MITSUDOMOE:東北地区のJ3クラブ同士の対戦。
SKYシリーズ:神奈川県所属のクラブ同士の対戦。
東海北陸ダービー (2009年-2011年) :FC岐阜×カターレ富山
TOP OF 北アルプス (2012年-2014年):FC岐阜×カターレ富山×松本山雅FC
中部日本横断シリーズ (2015年):アルビレックス新潟×ヴァンフォーレ甲府×松本山雅FC×清水エスパルス[24]
バトルオブ上信越:上野信濃越中地区のクラブ同士の対戦
首都圏バトル5 -王の帰還-:大宮アルディージャ×ジェフユナイテッド市原・千葉×東京ヴェルディ1969×FC町田ゼルビア×横浜FC

クラブの移転または合併により消滅した対戦[編集]


川崎ダービー:川崎フロンターレvsヴェルディ川崎 (2000年)
横浜ダービー:横浜マリノスvs横浜フリューゲルス (1993年-1998年)

JFL・旧JFL[編集]

JFL旧JFLにおけるダービーマッチ。

同一都道府県・同一地域[編集]


ダービー名の太字は2020年シーズンに行われるダービーマッチ、クラブ名の太字は同シーズンに対戦が予定されているクラブ

旧東京ダービー:1999年-2006年。佐川東京は2001年から参加、国士舘は2004年脱退、佐川東京は佐川大阪と合併のため2006年まで。
北関東ダービー:2004年-、 草津は2005年にJ2参加、アルテ高崎は2004年まで「群馬FCホリコシ」、2005年は「FCホリコシ」として出場。流通経済大学は2005年から参加、栃木SCは2009年にJ2参加。2009年からはアルテ高崎と流通経済大学の対決となった。2010年からは栃木ウーヴァがJFLに昇格して3チームによる対決となる。2011年はアルテ高崎と栃木ウーヴァとの対決になったが、アルテ高崎がJFLより脱退したためこの年限りとなった。
境川ダービー:2013年。[30]町田市相模原市を流れる「境川」にちなむもの。2014年は両チームともJ3に所属する為JFLにおける境川ダービーはこの年限りとなった。
群馬ダービー:2004年のみ、FCホリコシの1勝1分だった。
旧川崎 (神奈川)ダービー:1992年は上記の3チームが対戦したが、1993年はNKKがJ2 (現在のJFL相当)に降格→そのまま休部となったため、2チームのみとなった。その後1996年に東芝がコンサドーレ札幌として札幌市に本拠地を移したため、JFLにおける川崎ダービーは1995年が最後となった。
富山ダービー:2001年-2007年、両者がJFLに上がる前の北信越フットボールリーグ時代から続く長いライバル関係にあり、現JFLのダービーマッチの中では屈指の好カードだった。順位はYKK APが上位にいるが、ダービーに関してほぼ互角である。天皇杯の富山県代表争いも毎年この2クラブに絞られており争いは激しかったが、両クラブが2008年よりJリーグを目指す統合クラブ (カターレ富山)となったため、富山ダービーは2007年限りで消滅した。
旧静岡ダービー:1997年-2003年。1997年-1999年と2003年はHonda FC 対 ジヤトコFC。
旧東海ダービー:旧JFL、1992-1997年。3クラブが直接対戦したのは1996年のみ。1992-1995年はコスモ四日市と西濃運輸の対戦。1997年はデンソーと西濃運輸の対戦)
東海ダービー:デンソーを前身とするFC刈谷と、西濃運輸サッカー部解散後に結成されたFC岐阜によるダービーマッチで、FC岐阜のJFL昇格により復活したものの、FC岐阜のJ2昇格のためこれも1年だけで一旦消滅となった。2007年のみ。
三重ダービー: 2019年シーズンに実現。過去には東海社会人サッカーリーグで対戦したほか、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016・決勝ラウンド最終戦で「勝った方がJFL昇格」という状況下で対戦が行われたことがあった (ヴィアティン三重が勝利、一足早くJFL昇格を決めた)。
旧関西ダービー:佐川印刷SC、佐川急便SCに関しては「佐川ダービー」を参照。2003年のみ。
岡山ダービー:2008年のJFLで実現したが、2009年ファジアーノ岡山がJ2昇格、三菱水島も同年度に予算難のためJFLから脱退したため、当面リーグ戦での対決は消滅
旧九州ダービー:アルエット熊本プロフェソール宮崎は2002年。ロッソ熊本とホンダロックサッカー部は2006年-2007年。ロッソ熊本とFC琉球は2007年。FC琉球とニューウェーブ北九州は2008年。ニューウェーブ北九州、V・ファーレン長崎、ホンダロックサッカー部、FC琉球は2009年。V・ファーレン長崎、ホンダロックサッカー部、FC琉球は2010年-2011年。
滋賀ダービー:MIOびわこ滋賀が2008年にJFLに昇格して実現したが、SAGAWA SHIGA FCが2012年限りで活動休止となり、この年で終了となった。

その他[編集]


佐川ダービー:系列に同じ佐川急便グループを持つクラブ同士の直接対決。社内的には東京 対 大阪のみが重要視され、関連会社である佐川印刷戦は盛り上がらない。事実、佐川大阪社員応援団が登場するのは長居で行われる佐川東京戦のみで、この試合はJFLの観客動員の平均を10倍は上回る4,000人以上を動員した。佐川東京・大阪の合併により、2007年から佐川急便 (現佐川滋賀)、佐川印刷の戦いとなり同時に関西ダービーも兼ねる。
ホンダ・ダービー:両クラブはいずれも本田技研工業の系列で、前者がホンダ本体のサッカー部、後者は自動車関連部品を扱っている関連企業である。それなりに社員動員はあり、都田・宮崎ともども1,000人以上動員する。2009年、ホンダロックのJFL復帰によりダービーが復活。
瀬戸内ダービー:瀬戸内海を面した、岡山県 (三菱水島FC)と愛媛県 (愛媛FC)の対戦となった。2005年のみ。

地域リーグ[編集]

旧青森ダービー:アステール青森ヴァンラーレ八戸は2006年のみ。
盛岡、福島、鹿児島のダービーは両チームのサポーターの遺恨が深い、主に古くから存在する側から新参側への遺恨があるが、盛岡のようにゼブラサポーターがゼブラを1部に残留させるため打算的にグルージャに昇格してもらおうと全国地域リーグ決勝大会などで応援し、グルージャサポとの対立を深めている例もある。
なお鹿児島の2チームは2014年に将来のJ3リーグ昇格を念頭に置いて「鹿児島ユナイテッドFC」としてチーム統合を行っている。
福島ダービー(2019年):2016年以降、3年連続で天皇杯福島県予選決勝戦のカードが福島ユナイテッドFC(J3)対いわきFC(福島県リーグ→東北社会人リーグ)となり、ダービーマッチの様相を見せていた。そのような中、2019年2月24日福島第一原発事故により使用できなくなっていたナショナルトレーニングセンター、Jヴィレッジの一部再開を記念し福島ユナイテッドFCといわきFCの特別試合が「Jヴィレッジ再開記念 福島ダービーマッチ」と銘打たれ開催された[31]

フットサル[編集]

Fリーグ[編集]

2007年に発足したフットサルのFリーグにおけるダービーマッチ。

境川決戦:ペスカドーラ町田 vs 湘南ベルマーレ
関西ダービー:シュライカー大阪 vs デウソン神戸
東京ダービー:ペスカドーラ町田、府中アスレティックフウガドールすみだ 間の対戦
北信越ダービー:ボアルース長野 vs ヴィンセドール白山
中国ダービー:広島エフ・ドゥ vs ポルセイド浜田

ラグビー[編集]

トップリーグ[編集]

トップリーグにおけるダービーマッチ。社会人チームで構成されていることから、会社の業種での競合関係でのライバル対決をダービーと称することが多い。

府中ダービー:東芝ブレイブルーパス vs サントリーサンゴリアス
NTTダービー:NTTコミュニケーションズシャイニングアークス vs NTTドコモレッドハリケーンズ
トヨタダービー:トヨタ自動車ヴェルブリッツ vs 豊田自動織機シャトルズ
トヨタダービー:豊田自動織機シャトルズ vs 日野レッドドルフィンズ
トヨタダービー:トヨタ自動車ヴェルブリッツ vs 日野レッドドルフィンズ
複写機ダービー:キヤノンイーグルス vs リコーブラックラムズ
福岡ダービー:コカ・コーラレッドスパークス vs 宗像サニックスブルース

野球[編集]

プロ野球[編集]

21世紀に入り、日本プロ野球東京ヤクルトスワローズ読売ジャイアンツの「東京ダービー」などの様に、当該球団の営業サイドや一部マスコミが称している場合もあり、特に2005年セ・パ交流戦が開催されるようになった辺りから「○○ダービー」といわれる試合が多く存在するようになった。ただし、ダービーマッチ的な対戦企画を打ち出しても、定着せず数年で終了する企画が多い。

なお、野球用語にあるハーラーダービーホームランダービー競馬ダービーに由来しており、「ダービーマッチ」とは由来がまったく異なる。また、日本ではサッカーの影響から「ダービー」という語を用いる様になったが、元々は「伝統の一戦」や「○○決戦」、「××対決」、野球発祥の地であるアメリカMLBの様に「○×シリーズ」等と呼んできた。

関西ダービー阪神タイガースvsオリックス・バファローズ
TOKYOシリーズ東京ヤクルトスワローズvs読売ジャイアンツ
御堂筋シリーズ阪神タイガースvs南海ホークス
東京シリーズ (GOシリーズ)[46]:読売ジャイアンツvsロッテオリオンズ
後楽園シリーズ:読売ジャイアンツvs日本ハムファイターズ
※いずれも現在は実現不可能な対戦である。

東横シリーズ:東京ヤクルトスワローズvs横浜ベイスターズ
首都圏シリーズ:横浜DeNAベイスターズと埼玉西武ライオンズおよび千葉ロッテマリーンズとの対戦
GSDBプロジェクト:東京ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツ、横浜DeNAベイスターズ間の対戦
埼玉vs.千葉シリーズ埼玉西武ライオンズvs千葉ロッテマリーンズ

バスケットボール[編集]

Bリーグ[編集]

Bリーグにおけるダービーマッチの一覧である。

渋谷ダービー:アルバルク東京 vs サンロッカーズ渋谷
神奈川ダービー:川崎ブレイブサンダース vs 横浜ビー・コルセアーズ
愛知ダービー:シーホース三河三遠ネオフェニックス名古屋ダイヤモンドドルフィンズにおける対戦試合
仙山戦:仙台89ERS vs 山形ワイヴァンズ

bjリーグ[編集]

ターキッシュエアラインズbjリーグにおける対戦カード。bjリーグでは本拠地は重複しないが、九州や東北などの広義の地域間、または普段から交流の多い隣県を本拠地とするチームの対決を、ダービーと称している。

首都圏ダービー:埼玉ブロンコスvs東京アパッチ
京浜ダービー:横浜ビー・コルセアーズvs東京サンレーヴス
東北ダービー:仙台89ers秋田ノーザンハピネッツ岩手ビッグブルズ青森ワッツ福島ファイヤーボンズ 間の対戦
北陸ダービー:富山グラウジーズvs金沢武士団
関西ダービー:大阪エヴェッサ京都ハンナリーズ滋賀レイクスターズ間の対戦
古都ダービー:京都ハンナリーズvsバンビシャス奈良
阪奈ダービー:大阪エヴェッサvsバンビシャス奈良
九州ダービー:大分ヒートデビルズvsライジング福岡

NBL[編集]

1967年に創設された日本リーグは全て実業団チームで構成され、ホーム&アウェイという概念のない状況で試合が開催されていた。2001年発足のスーパーリーグではチーム愛称の付与、2007年発足のJBLではホームタウン制の採用、2013年発足のNBLでは地域名をチーム名に付与するなど取り組んできたが、マスコミ等でのチーム名の呼称は企業名のままであり、地域との関わりはbjリーグと比較すると希薄である。

東京ダービー:日立サンロッカーズ東京 vs トヨタ自動車アルバルク東京
愛知ダービー:三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋 vs アイシンシーホース三河
関西ダービー:和歌山トライアンズ vs 兵庫ストークス
北関東ダービー:リンク栃木ブレックス vs つくばロボッツ

NBDL[編集]

東京ダービー:東京エクセレンス / アースフレンズ東京Z / 東京八王子トレインズ 間の対戦

Wリーグ[編集]

三河ダービー:アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス vs デンソーアイリス

バレーボール[編集]

Vリーグ、V.LEAGUE[編集]

2003年にホームゲーム制を導入。集客によりチームへの収益が上がる仕組みが出来上がったことから、各チームが積極的にホームゲームを開催するようになっている。

東京ダービー:FC東京 vs 東京ヴェルディ
北陸ダービー:KUROBEアクアフェアリーズ vs PFUブルーキャッツ
山陽ダービー:岡山シーガルズヴィクトリーナ姫路

アメリカンフットボール[編集]

Xリーグ[編集]

千葉ダービー:オービックシーガルズ vs IBM Big Blue
川崎ダービー:富士通フロンティアーズ vs アサヒビールシルバースター

アイスホッケー[編集]

アジアリーグアイスホッケー[編集]

北海道ダービー:王子イーグルス vs 日本製紙クレインズ

卓球[編集]

Tリーグ[編集]

関東ダービー:木下マイスター東京T.T彩たま
大阪ダービー:日本生命レッドエルフ日本ペイントマレッツ

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

出典:Wikipedia
2020/02/25 07:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant