日本における死刑
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
死刑 > 日本における死刑 本稿では、日本における死刑の概要、歴史を述べる。
日本死刑法定刑のひとつとして位置づけている。その方法は絞首によると規定されている(刑法11条1項)。
目次
1.死刑のある犯罪
2.死刑の量刑基準
├2.1.犯行の動機
├2.2.結果の重大性
├2.3.社会的重大性
├2.4.犯人の年齢
├2.5.前科
├2.6.犯行の残虐性との関係
├2.7.遺族の被害感情
├2.8.家族の処罰感情
├2.9.犯行後の情状
└2.10.求刑
3.死刑執行までの過程
├3.1.死刑判決
├3.2.死刑確定者の拘置
├3.3.死刑囚の移送
├3.4.外部との交通
├3.5.検察送致
├3.6.執行命令
├3.7.執行準備
├3.8.執行施設
└3.9.死刑執行
4.死刑制度に関する統計
├4.1.科刑状況
├4.2.執行までの期間
├4.3.死刑執行数
├4.4.死刑囚収容施設毎の年別死刑執行の一覧(1993年以降)
├4.5.日本における未執行死刑囚の一覧
└4.6.日本における死刑執行者一覧
5.死刑制度の問題と議論
├5.1.死刑制度存続の是非
├5.2.冤罪の可能性
├5.3.女性死刑囚
├5.4.秘密主義
├5.5.国外逃亡犯と死刑
└5.6.裁判員制度と死刑
6.無期懲役とは
├6.1.報道による誤解
├6.2.諸外国における法制
├6.3.無期刑の仮釈放の現状
├6.4.運用
├6.5.許可基準
├6.6.判断過程
└6.7.風説
7.仮釈放のない無期懲役(重無期刑)の導入
8.海賊の死刑
9.執行方法の妥当性
└9.1.法務大臣による死刑執行命令
10.日本における死刑の歴史
├10.1.平安時代以前
├10.2.平安時代
├10.3.中世
├10.4.江戸時代
├10.5.近代
└10.6.戦後から現代へ
11.執行失敗と都市伝説
12.脚注
13.参考文献
14.関連項目
出典:Wikipedia
2018/07/15 12:30
ソ人気記事ランキング
2018/07/15 更新
 1位梶居勝志
 2位麻原彰晃
 3位BANANA FISH
 4位土谷正実
 5位7月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant