日本における衛星放送
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
日本における衛星放送(にほんにおけるえいせいほうそう)では、日本衛星放送について解説する。
放送法に基づく放送のうち、基幹放送(同法に規定する衛星基幹放送)および一般放送放送法施行規則に規定する衛星一般放送)がある。
衛星放送の目的は、試験放送開始前(ゆり2号aの打ち上げ時)、離島・山間部といった、人口希薄な地域における難視聴地域の解消(いわゆるサイマル放送)を掲げていたが、その後方針を転換し、地上波放送ではできないような専門性の高い番組を提供するなど、チャンネルを増やす目的の放送となった。
日本放送協会(NHK)のNHK-BSは、別途NHK受信料による衛星契約(申告制)が必要で、地上契約(旧・カラー契約)に毎月970円を加えることとなる。2015年6月末現在、NHK衛星契約者数は約1936万件であるが[1]、スクランブル放送で無いことから、地上契約のままの世帯も多い。
目次
1.種類
├1.1.制度上の区分
└1.2.人工衛星による区分
2.アナログによる衛星放送
├2.1.BS放送
├2.2.CS放送
└2.3.通常画質の送出方式
3.BSデジタル放送
├3.1.概要
├3.2.特徴
├3.3.放送局
├3.4.物理チャンネル(BSデジタル放送)
├3.5.論理チャンネル番号の割り当て基準
├3.6.普及状況
├3.7.チャンネルの追加割当
├3.8.チャンネル再々編
└3.9.地デジ難視対策衛星放送
4.CSデジタル放送
├4.1.東経110度CSデジタル放送
├4.2.東経124度・128度CSデジタル放送
├4.3.ディレクTV(放送終了)
├4.4.モバHO!(放送終了)
├4.5.SPACE DiVA
└4.6.ケーブルテレビデジタル配信事業通信
5.各放送の仕様一覧
6.BS-IF/CS-IF(周波数変換)
7.受信設備
8.歴史
├8.1.BS衛星放送関係年表
└8.2.CS衛星放送関係年表
9.衛星放送の問題点
├9.1.衛星放送全般の問題点
├9.2.BSデジタル放送の問題点
└9.3.CSデジタル放送の問題点
10.脚注
11.関連項目
12.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/09/16 07:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/17 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位凪沢怜奈
 4位池田大作
 5位9月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant