日経CNBC
▼人気記事ランキング
2.沿革
1990年4月、日本経済新聞社による経済ニュース専門チャンネル日経サテライトニュース(NSN)をケーブルテレビ局向けに配信開始。
1994年3月、番組制作・送出業務を日経映像に委託。
1996年10月、パーフェクTV!(現・スカパー!プレミアムサービス)で放送開始(委託放送事業者は日本経済新聞社)。
1997年12月、ディレクTVで放送開始。
1997年5月、ダウ・ジョーンズが運営するアジア・ビジネス・ニュース(ABN)、日本ビデオニュース共同通信社ジュピター・プログラミング(現・ジュピターテレコム メディア事業部門)との合弁(のちCNBCジャパン)により放送開始。パーフェクTV!(現・スカパー!プレミアムサービス)の委託放送事業者は日本ビデオニュース社長の神保哲生が設立した「ジンボウアンドカンパニー」。
1997年12月、ディレクTVで放送開始。
1998年2月、ABNとアメリカの経済ニュースチャンネル・CNBCとの統合(1997年12月、「CNBCアジア」発足)により、CNBCビジネスニュースにチャンネル名変更。
1999年7月、日経とCNBCはチャンネル統合に合意、株式会社日経シー・エヌ・ビー・シー設立。
1999年10月、日経CNBC放送開始。スカパー!の委託放送事業者は日本経済新聞社。
2000年9月、ディレクTVでの放送終了。
2002年6月、テレビ東京が日経シー・エヌ・ビー・シーに資本参加。
2002年7月、スカイパーフェクTV!2(現・スカパー!)で放送開始(委託放送事業者はインタラクティーヴィ、2004年2月放送終了)。
2009年5月、演奏所を日本経済新聞社新本社(日経ビル)へ移転、同時に自社制作番組をハイビジョン制作に移行。また、東証アローズスタジオもハイビジョン対応化。
2009年10月、eo光テレビハイビジョン放送日経CNBC HD」を開始(他の放送プラットフォームでは標準画質放送)。
2010年1月、大手町本社ビルでNio Academyを開始。
2011年5月30日、商号を株式会社日経CNBCに変更。
2011年9月、J:COMでもハイビジョン放送を開始。
2012年4月1日、NOTTVの『NOTTV1』にて、午前中のサイマル放送を実施(2015年3月31日終了)。
2012年10月、スカパー!プレミアムサービス・スカパー!プレミアムサービス光でもハイビジョン放送を開始。
2016年12月1日、スカパー!プレミアムサービスの衛星一般放送事業者がスカパー・ブロードキャスティングからスカパー・エンターテイメントに変更。
[4]前ページ
(1.概要)
[6]次ページ
(3.自主制作の変遷)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/17 15:00
ソ人気記事ランキング
2019/09/15 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位池田大作
 4位9月14日
 5位早坂隆信
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant