サービス終了のお知らせ
日光御成道
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
日光御成道(にっこうおなりみち)とは、江戸時代に五街道と同様整備された脇往還の一つである。中山道本郷追分を起点として北上し岩淵宿、川口宿から岩槻宿を経て幸手宿手前の上高野で日光街道に合流する脇街道である。日光御成道が「幕府管掌の公道として正式に組込まれた時期は不明」[1]。「天和2年(1682年)に御成道の宿場に組入れられたことから、岩槻宿も天和2年頃には御成道筋の宿場に指定された」と考えられている[1]。将軍が日光社参の際に使用された街道であり、日光御成街道(にっこうおなりかいどう)とも呼ばれている[2][3]
目次
1.沿革
├1.1.背景
├1.2.将軍の日光社参専用道路
├1.3.街道整備と日光社参
└1.4.日光御成道の街道筋
2.宿場
3.史跡等
4.現代
└4.1.国道122号(岩槻街道)
5.脚注
├5.1.注釈
└5.2.出典
6.参考文献
7.関連項目
出典:Wikipedia
2019/11/03 13:33
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant