二重ローン問題
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
二重ローン問題(にじゅうローンもんだい)は、災害などで被害を受けた住宅ローンや、事業者のローンなど、もともとあった債務の存在により、再建のための資金調達余力がないことにより、あるいは、新たな借入を起こすことで、既存の借入金との二重の借入負担が発生することにより、生活復旧や事業継続に支障をきたす問題。
1995年阪神淡路大震災の際にも二重ローン問題が取りざたされたが、損失負担や他の災害被災者との公平性の観点から、地方公共団体がローン利子補給を行ったものの、ローン債務の減免や、住宅再建・補修費用に対しての公的支給は見送られた[1]。その後、被災者救済のための大規模な署名活動を受け、1998年に恒久法となる被災者生活再建支援法が成立。当初は住宅に関しては支援対象外であったが、2004年の改正で住宅解体・撤去・整地費用や住宅ローン利子が支援対象となり、2007年の改正で自然災害によって全壊・半壊した住宅の再建・補修費も支援の対象となった[2]
目次
1.個人向け債務私的整理ガイドライン
2.脚注
3.関連項目
4.外部リンク

1. 時事深層 「徳政令」で試される政治主導日経ビジネスONLINE、2011年5月31日。
2. 田近栄治、宮崎毅 『震災における被災者生活再建支援のあり方―制度の変遷と課題―』 季刊社会保障研究、第49巻 第3号、2013年、270-282頁。

出典:Wikipedia
2018/02/12 09:34
ソ人気記事ランキング
2019/12/10 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位松本ちえこ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant