サービス終了のお知らせ
二次構造
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
二次構造(にじこうぞう、: Secondary structure)は、タンパク質核酸といった生体高分子の主鎖の部分的な立体構造のことである。本項ではタンパク質の二次構造を扱う。
タンパク質の二次構造は、タンパク質の「局所区分」の3次元構造である。最も一般的な2種類の二次構造要素はαヘリックスβシートであるが、βターンやωループも見られる。二次構造要素は通常、タンパク質が三次構造へと折り畳まれる前の中間状態として自発的に形成される。
二次構造はペプチド主鎖中のアミド水素原子とカルボニル酸素原子との間の水素結合のパターンによって形式的に定義される。二次構造は別法として、正しい水素結合を持っているかどうかにかかわらず、ラマチャンドラン・プロットの特定の領域における主鎖の二面角の規則的なパターンに基づいて定義することもできる。
二次構造の概念は1952年にスタンフォード大学のカイ・ウルリク・リンデルストロム=ラングによって初めて発表された[1][2]。核酸といったその他の生体高分子も特徴的な二次構造を有する。
目次
1.種類
└1.1.DSSP分類
2.実験的決定
3.予測
4.応用
5.ペプチド結合の構造
├5.1.ポリペプチド主鎖の二面角
└5.2.ラマチャンドランダイアグラム
6.ヘリックス構造
├6.1.αヘリックス
└6.2.その他のヘリックス構造
7.βシート構造
8.非繰り返し構造
9.脚注
10.参考文献
11.関連項目
出典:Wikipedia
2019/10/05 06:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant