サービス終了のお知らせ
南部戦線 (アメリカ独立戦争)
▼人気記事ランキング
4.その後の経過
ヨークタウンでのイギリス軍降伏、フランス軍の全面的参戦、およびその結果としてコーウォリス軍の喪失によって、イギリスの戦争遂行努力は中断された。唯一アメリカに残っているイギリス軍はニューヨークのヘンリー・クリントン指揮下のものだった。クリントンはこの敗北によって途方に暮れ、1782年ガイ・カールトンと交代するまで何もしなかった[39]。このような衝撃的な挫折と滅多に無かった海軍の敗北が同時に起こり、イギリスの世論は反戦に移行して行った。ノース卿の内閣が倒壊し、戦争の残り期間ではアメリカ大陸で目立った動きが無かった。多くの歴史家達は、サラトガでイギリスの運命が傾き始めたが、ヨークタウンがその弔鐘だったことについては合意している。
[4]前ページ
(3.ヨークタウンの戦い)
[6]次ページ
(5.脚注)

39. Wientraub, Iron Tears', 2005

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/03/05 18:01
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant