南沙諸島
▼人気記事ランキング
2.領有権をめぐる歴史
2.6.中華人民共和国による領有権主張
1953年中華人民共和国は、中華民国の「十一段線」のうち、当時は関係が良好であった北ベトナム付近の2線を削除し、新たに「九段線」とする。1958年には「領海宣言」を出し、南シナ海の島々を含めた海域の領有を宣言する[8]。1973年9月に南ベトナムが、再度フックトゥイ省への編入を宣言したことに対し、翌1974年1月に抗議声明を出して領有権主張を本格化させていく。

[4]前ページ
(2.5.南ベトナムによる領有権主張)
[6]次ページ
(2.7.中華人民共和国とベトナムとの軍事衝突)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/12 10:30
ソ人気記事ランキング
2019/05/27 更新
 1位日本
 2位小嶺麗奈
 3位キングコング: 髑髏島の巨神
 4位インデペンデンス・デイ
 5位研音グループ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant