南沙諸島
▼人気記事ランキング
2.領有権をめぐる歴史
2.4.フィリピンによる領有権主張
1971年、マルコス政権が南沙諸島の領有を主張し、パグアサ島 (中業島) など6島礁に軍を送って占領した[19]。1994年に排他的経済水域に関する規定が定められた国連海洋法条約が発効すると、中沙諸島のスカボロー礁周辺海域の管轄権を主張した。2009年には「領海基線法」を制定し、南沙諸島の一部の島・礁(太平島を含む)および中沙諸島のスカボロー礁を正式にフィリピンの領土とした。フィリピンは、南沙諸島において滑走路を有するパグアサ島をはじめとする島や砂州を10か所近く実効支配している。数においては、ベトナム、中国に次ぐ3番目である。

[4]前ページ
(2.3.中華民国による領有権主張)
[6]次ページ
(2.5.南ベトナムによる領有権主張)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/12 10:30
ソ人気記事ランキング
2019/05/21 更新
 1位日本
 2位北方町猟銃殺人逃走事件
 3位MALICE MIZER
 4位5月20日
 5位丸山穂高
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant