南極大陸
▼人気記事ランキング
8.政治
8.2.南極における領有権主張
  アルゼンチン
  ニュージーランド
  フランス
1908年のイギリスに始まる南極大陸での領有権主張は、ニュージーランド、フランス、オーストラリア、ノルウェー、チリ、アルゼンチンの計7ヶ国が行った。これらは実効支配が無いと、当時のアメリカとソ連が認めなかった。第二次世界大戦後、政治・軍事的な重要性から、南極条約によって領土の主張を棚上げする決定が下された。それぞれの国が主張する領土は、南極点を要に扇形になっており、これはセクター理論と呼ばれる[101]。アルゼンチン・イギリス・チリの主張する地域には重なった部分がある[101]

その他の国では、ブラジル [102]、ペルー[103]、旧ソ連に引き続きロシア[104]、南アフリカ[103]そしてアメリカも[104]南極の領有に関する権利を何らかの形で表明している。

[4]前ページ
(8.1.軍事活動)
[6]次ページ
(9.経済)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/22 18:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/24 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位唐田えりか
 5位宍戸錠
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant