サービス終了のお知らせ
突入せよ! あさま山荘事件
▼人気記事ランキング
5.その他
あさま山荘事件の舞台は長野県軽井沢町だが、山荘攻防戦のシーンの撮影は新潟県中頸城郡板倉町(現:新潟県上越市板倉区)で行われた。ロケ地となった上越市板倉区の光ヶ原高原には撮影記念碑があり、映画に使われた鉄球(「難局打開の鉄球」)が展示されている。
現場の機動隊員が極寒の中で湯を沸かし、日清食品カップヌードルを食べているシーンがある。これは当時、同様の場面が全国に生中継され話題となったことに起因する。これによりカップヌードルの知名度が飛躍的に上がったとも言われ、あさま山荘事件の中でも非常に印象的な出来事であるとして映画でも再現されたという。
劇中、剣道を行っているシーンは東京都文京区にある野間道場で撮影された[4]
佐々淳行本人も映画館のシーンにエキストラの一人として出演しているほか、後田成美、宇田川信一も出演している。
この映画では、DVCPRO HDカメラである"VARICAM"(AJ-HDC27F)がメインキャメラとして使われ、全編デジタル撮影で収録された。フルハイビジョンではなく720p形式で撮影されている。この作品以降、VARICAM撮影による映画製作が急速に普及した。
興行後原正人らは反省会を開き、「やはり今の時代は(題名は)"突入せよ"ではなく、"救出せよ"で行くべきだった」との結論に達した[3]
映画公開前、あさま山荘事件が発生した際のサンケイ新聞号外復刻版が、映画をPRするためのチラシとして東京都内や大阪市内などで配布された。
2006年6月12日月曜日21:00からTBS系列にて、地上波テレビでの初放映がなされた。
[4]前ページ
(4.史実と異なる点)
[6]次ページ
(6.ソフト化)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/25 09:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant