読売新聞
▼人気記事ランキング
8.マスコットキャラクター
8.1.どれどれ
2004年1月、読売新聞の創刊130周年を記念して、アニメーション作家で映画監督宮崎駿スタジオジブリ)の作による、「目玉の中に忍び込む昆虫」を表した新マスコットキャラクターを発表。名前は、2004年7月、一般公募によって「どれどれ」という名前が付いた。
「大きな眼」は、将来を見通し、先見性を持って報道にあたる読売新聞の基本方針を示している。新聞を読んでいるのは活字を大切にする姿勢を、緑色は環境を大切にする姿勢を象徴している。
「どれどれ」は、旺盛な探究心、好奇心を象徴する言葉である。
2005年、スタジオジブリのプロデュースによる楽曲『どれどれの唄』(唄:拝郷メイコ)が発表され、読売新聞の企業CMに使われた。「どれどれの唄」は読売新聞各本社に電話した際、部署に繋ぐ際の保留音にも採用されている。
因みに、宮崎駿は読売系列の日本テレビのマスコットキャラクター「なんだろう」も手掛けた。
[4]前ページ
(7.不祥事)
[6]次ページ
(8.2.だっち君)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/03/18 14:31
ソ人気記事ランキング
2019/03/20 更新
 1位日本
 2位内田裕也
 3位土浦連続殺傷事件
 4位3月19日
 5位菊地秀行
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant