特別警報
▼人気記事ランキング
3.発表単位と発表機関
従来の警報や注意報と同様に、原則として市町村(一部では市町村内を分割して設定された区域)、東京23区は各特別区をそれぞれ単位として発表される[3][30][31]。ただし、運用開始後当面の間は、府県予報区(原則として都道府県単位)[32]を単位として(「○○県に△△特別警報」のような形で)発表されている。この手法は、気象庁が効果等を見極めつつ適宜見直す予定である[4]

大雨特別警報については、当初は府県予報区内で発表していた大雨警報を全て大雨特別警報に切り替えていたが、2017年4月に見直しを行い、7月7日13時から危険度が著しく高まっている市町村に限って発表するよう変更した[33][37][38][39][40]

また、当該府県予報区を担当する各地方気象台が特別警報の発表を担当する[6]

[4]前ページ
(2.1.警報類の再編の動き)
[6]次ページ
(4.特別警報の種類と基準)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/07 20:32
ソ人気記事ランキング
2019/09/22 更新
 1位日本
 2位逆鉾昭廣
 3位9月21日
 4位清須会議 (小説)
 5位プレーオフ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant