▼人気記事ランキング
7.用途
7.3.建築および工業
銅はその防水性および防食性、外観の美しさために古代から多くの建物で屋根葺として用いられてきた。これらの建物の屋根に見られる緑色は長期の化学反応によるものである。

銅ははじめ酸化銅(II)に酸化された後、第一銅および第二銅の硫化物を経て最終的に緑青と呼ばれる炭酸銅(II)となり、この緑青は、酸化腐食に対する高い耐久性を有している[125]。この用途における銅はリンによって脱酸されたリン脱酸銅 (Cu-DHP)として供される[126]

銅は他の屋根材と比べると高価なため、近年の日本では高級住宅や寺社建築などに限られる。尚、現在では酸性雨の影響もあり、「半永久的な」耐腐食性の建材というわけではない。

避雷針は、主な建築物が破壊される代わりに電流を地面へとそらすための方法として銅が用いられる[127]。銅は、優れたろう付け性能及びはんだ付け特性を有しており、溶接することができ、最良の結果はマグ溶接によって得られる[128]

[4]前ページ
(7.2.電気モーター)
[6]次ページ
(7.4.生物付着防止)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/17 09:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/28 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位徳勝龍誠
 5位東出昌大
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant