同音異字
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
同音異字(どうおんいじ)とは、同じ音の語や字でありながら、別の文字であること。通常の熟語のほか、伊東と伊藤(いとう)、東海林と庄司(しょうじ)、仙台(宮城県)と川内(鹿児島県)(せんだい)のように、人名や地名でも見られる。
ここでの「音」の意味は「発音」の意味で、「音読み訓読み」の「音」ではない。訓読みの「病む」と「止む」も同音異字である。
逆に、「下手」は「へた」「しもて」「げしゅ」「したて」、人名の東海林は「とうかいりん」「しょうじ」と、複数の読み方がある。このように、同じ漢字で異なる複数の読みがある場合は同字異音という。
漢字にはもともと同音異字のものが多く、中国から日本に伝わる際に中国語の読みが日本で読みやすいものに置き換えられた際に、中国語で似通った音がまとめられ、同音異字の文字が非常に多くなった。
同音異字の場合、ほとんどの場合は字義が異なるので同音異義(どうおんいぎ)となる。しかし、「奇手」と「鬼手」、「特徴」と「特長」、「実情」と「実状」のように同音同義の例もある。
目次
1.同音異字の例
2.表音文字の同音異字(heterograph)
3.音素の制約による同音異義語の増加
4.関連項目
5.参考辞書
出典:Wikipedia
2019/05/12 09:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/17 更新
 1位日本
 2位平清香
 3位ドロヘドロ
 4位軽井沢スキーバス転落事故
 5位1月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant