動力集中方式
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
動力集中方式(どうりょくしゅうちゅうほうしき)とは、列車が1両ないし2両程度の動力車車両内部に客室荷物室等が全くない、または半分程度かそれ以下の機関車[1])によって、牽引または推進される方式のことである。日本では貨物列車を除いて数を大幅に減らしているが、世界中の多くの鉄道を走る列車のうち、貨物列車はほぼ全てこの方式で、旅客列車もこの方式によるものが多い。
動力集中方式を採用している旅客列車の例として、日本のブルートレインやフランスのTGVなどがあげられる。
フランスのTGVやドイツICE 1イギリスHSTなどでは両端の動力車の間に付随客車を配置した固定編成が採用されており、この方式については準動力集中方式とも呼称される[2][3]
対をなす形態は動力分散方式である。
目次
1.長所と短所
├1.1.長所
└1.2.短所
2.プッシュプル方式
3.注釈
4.出典
出典:Wikipedia
2019/07/10 11:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/21 更新
 1位日本
 2位千と千尋の神隠し
 3位玄倉川水難事故
 4位8月20日
 5位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant