サービス終了のお知らせ
動的プログラミング言語
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
動的プログラミング言語: dynamic programming language)は、コンピュータ・プログラミング言語において、一般にコンパイルなどの準備段階に済まされることが多いことを、準備時ではなく実行時に行うプログラミング言語処理系(の言語)である。本来は実装(処理系)のことを指すべきであるが、一般にその言語を指して議論されることが多い。もっぱら高水準言語が多い。動的言語: dynamic language)とも。例えば、型システムによる型チェックや、値の型変換名前束縛などを、コンパイルなどの実行準備時ではなく実行時に行う。そういった「動的さ」により、コードの追加やオブジェクトや定義の拡張や型システムの変更によるプログラムの拡張、といったことが行いやすい、ということが利点とされる。これらの動作は静的な処理系でも手間はかかるがエミュレート可能である(例えばJavaのJDK/JREでも、クラスローダーを活用すれば可能である)。一方、動的言語ではそういったことが、直接的にサポートされる。
動的言語と動的型付けは同じ概念ではないし、全ての動的言語が必ずしも動的型付き言語というわけではない。たとえばSmalltalk環境の一つであるStrongtalkやGradualtalkは動的な言語にも拘わらず静的型検査が可能となっている。しかし多くの動的言語は動的型付き言語である。
目次
1.定義の限界と曖昧さ
2.実装
├2.1.eval
├2.2.オブジェクトシステムや型システムの実行時変更
├2.3.メッセージ送信
├2.4.関数型プログラミング
├2.5.イントロスペクション
└2.6.マクロ
3.言語
4.脚注
5.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/02/17 12:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant