サービス終了のお知らせ
藤子不二雄
▼人気記事ランキング
2.経歴
2.3.スタジオ・ゼロと『オバQ』
1963年(昭和38年)、鈴木伸一・石森章太郎・つのだじろうらとアニメーション・スタジオであるスタジオ・ゼロを結成。

1964年に藤子不二雄の2人とスタジオ・ゼロの雑誌部によって描かれた『オバケのQ太郎』が大ヒット(連載は『週刊少年サンデー1964年6号からで、同号発売が1月22日、誌面にクレジットの発行日は2月2日)。それまではシリアス志向の作品が多かったが、これにより「ギャグ漫画の藤子不二雄」として広く認知されるようになる。この時期には『週刊少年キング』にフータくんを、『週刊少年マガジン』にわかとの(こちらも藤子不二雄とスタジオゼロ名義)を連載していて、藤子不二雄として週刊三誌同時連載となった[9]

これに続いて『パーマン』(藤本)・『忍者ハットリくん』(安孫子)・『怪物くん』(安孫子)・『21エモン』(藤本)・『ウメ星デンカ』(藤本)などの現在でもよく知られた漫画が続々と発表され、またアニメ化される。

[4]前ページ
(2.2.上京、トキワ荘へ)
[6]次ページ
(2.4.二人の路線の乖離)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/07 16:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant