サービス終了のお知らせ
当て字
▼人気記事ランキング
2.当て字の例
2.1.読みの意味に漢字を当て字した例
古くから漢語大和言葉義訓熟字訓として当てられてきたが、大和言葉から和製漢語が生まれることもあった。例えば、「ものさわがし」に「物騒」、「よりあい」に「寄合」、「よりみち」に「寄道」[4]などである。なお、誤解や漢文方言などの定着、漢語及び日本語の単語の意味の変遷なども合わさって、和語と漢字の対応には曖昧さがあった。

明治から始まる言文一致文明開化による西洋文化の流入によって、欧文音写したカタカナにその意味から漢字を当て字する例も増えた。借用語を和語として扱い、熟字訓和魂洋才したものとも言える。例えば、大正においては、

接吻キッス厨夫コック背景バック覇王樹サボテンページ骨牌カルタ[5]
憂鬱症ヒステリィ情調ムウド憂鬱メランコリイ郷愁ノスタルヂャア衝撃ショック異国趣味エキゾチック[5]
麦酒ビイル火酒ウォッカ小酒杯リキュグラス(リキュールグラス)[5]
外廊ヴェランダ露台バルコン(バルコニー)傾斜面スロウプ食卓布テエブルクロースカーテン喞筒ポムプ[5]
緑玉エメラルド白金プラチナ石鹸シャボン[5]
珈琲店カフェ牛乳ミルク[5]
短艇ボート円弧灯アークとう洋灯ランプ裁縫機械/裁縫器ミシン[5]
西洋手拭タヲル絹帽シルクハット羽毛頚巻ボア洋杖ステッキ[5]
二声楽デュエット小歌リイド愁夜曲ノクチュルノ[5]
などが使われている。

また、白話訓読において文脈に合わせてルビを振るのと同じように、和文においても文脈に合わせて当て字が行われていた。例えば、生活くらし衰弱つかれ爆発はじかせ、灯火あかり洋書ほん懐中時計とけい墳墓はか肥満女ふとっちょ西洋操人形あやつりにんぎょう物語レジェンド並木道アベニュ北極光オーロラ湯沸サモワル[5]などがある。

なお近年、創作物におけるキャラクター名や、いわゆるキラキラネームにもしばしば難解な当て字が用いられる。

[4]前ページ
(2.当て字の例)
[6]次ページ
(4.関連項目)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/29 17:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant