盗まれた世代
▼人気記事ランキング
1.児童隔離政策の開始
アボリジニの子供たちを両親から隔離する政策は、「純血の」アボリジニは種を維持することが不可能であり絶滅は不可避であるという、19世紀後半から20世紀前半にかけて唱えられた優生学思想に基づいて行われた。その当時採用されたイデオロギーにおいては、人類は文明的な階層によって区分することができると考えられていた。ここでは、北ヨーロッパ人は文明のレベルにおいて優れており、アボリジニは比較的に劣っていると仮定されていた。この種の思想の極端な支持者たちは、混血の子供たちが増加することは人種の純潔への脅威であると考えた。
児童隔離政策の法制化の最も古い記録は、1869年のアボリジニ保護法である。アボリジニ保護中央委員会は1860年からこの法を提唱していた。この法律はヴィクトリア植民地における隔離された子供たち、特に「危機に瀕している」少女たちを含むアボリジニと「混血」の人々に猛威を振るった。
1950年までに、類似の方針や法律が他の州や地域によって採用された。これにより、アボリジニの子供たちは両親から隔離され、16歳か21歳になるまでアボリジニ保護官によって様々な保護的行為が広範囲にわたり行われるようになったが、その目的は混血の人々をオーストラリア社会に文化的に同化させることだった。警察官や他の政府職員(たとえば「アボリジニ保護官」)には、混血の乳児や子供たちを母親や家族、コミュニティーから見つけ出し、施設に移動させる権限が与えられていた。これらのオーストラリアの州や地域において、混血児の施設はこれらの隔離された児童たちを収容するために、政府や教会によって20世紀の初頭の数十年の間に設立された。
評論家のなかには、これらの法律の一部は、保護を放棄されたり、虐待を受けたり、捨てられた子供の児童たちの保護のために成立したと主張する者もいる。彼らは、混血の子供たちはいくつかのアボリジニのコミュニティーにおいては不要とされたり、歓迎されなかったと主張している。1920年代、ボールドウィン・スペンサー報告によると、ガーン鉄道の建設の間に生まれた混血の子供たちは幼いうちに遺棄された。これらの出来事により、政府はこのような子供たちを保護するための政策を行うようになった。
[6]次ページ
(2.脚註)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/12/02 14:01
ソ人気記事ランキング
2018/02/18 更新
 1位羽生結弦
 2位四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件
 3位2月17日
 4位快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
 5位金正男
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant