盗まれた世代
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
盗まれた世代(ぬすまれたせだい、: Stolen Generations)とは、オーストラリア政府教会によって家族から引き離された、オーストラリアアボリジニトレス海峡諸島混血の子供たちを指すために用いられる言葉である。1869年から公式的には1969年までの間、様々な州法などにより、アボリジニの親権は否定され、子供たちは強制収容所孤児院などの施設に送られた[1]。「盗まれた世代」は、1997年に刊行された司法大臣の報告書 "Bringing Them Home"[2]によって、オーストラリアで一般的に注目されるようになった。報告書によれば、1910年から1970年にかけて、アボリジニおよびトレス諸島民の子どもたちのうち10〜30パーセントが、強制的に親から引き離され、多くは、性的、肉体的、精神的虐待を受けていた[3]。「盗まれた世代」の問題が実際にあったのか、またどの程度の規模だったのかは、いまだに議論が続けられている[4][5]
2008年2月13日に、オーストラリア政府は「盗まれた世代」に対して、初めて公式に謝罪した。ラッド首相は政府および国の代表として、議会で謝罪した。[6]
目次
1.児童隔離政策の開始
2.脚註 One ok rock cry out
3.関連項目
4.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/10/19 08:30
ソ人気記事ランキング
2018/12/14 更新
 1位日本
 2位艶堂しほり
 3位12月13日
 4位上沼恵美子
 5位マトリックスの登場人物一覧
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant